オトノウラガワ vol.2 【イナギタケシ de fuwafuwa】

アーティストが楽曲やライブにかける”ウラガワ”に迫る企画、『オトノウラガワ』第2回のアーティストは、、、

独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループ、

イナギタケシ de fuwafuwa

のみなさんです!

 

まずはメンバーの紹介から

イナギタケシVo.

岡田賢Gt.

なつみゆずKey.

西村ザビエル悟志Per.

そんな彼らの”ウラガワ”に今回は迫ってみた。

オ:オンガクインタビュアー

イ:イナギタケシ de fuwafuwa

 

オ:それではまずはじめに簡単に自己紹介をお願いしてもよろしいですか?

イ:「三軒茶屋の怪人」とも呼ばれる独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループです。

 

オ:すごいキャラの濃いひとたちだ、、、

オ:それでは、ライブで大切にしていることはありますか?

ライブについて:観に来てくれた人々が、心の底から思い切り楽しくなれるようなライブにしたいと思っています。メンバーとお客さんとで、あたたかい家族や友達同士のような雰囲気を作ることも大切にしています。

 

オ:(予想外の答えがきた、でも、すごい素敵!!)

オ:今後の目標はなんですか?

イ:まずは、できるだけ多くの人々に知っていただけるように、ライブを積み重ねてゆきたいです。地域の人々と触れ合えるようなステージなどにも出てみたいです。いつかは、大きめのフェスなどにも出られるようになるのが夢です。

オ:めちゃ堅実だし、それが形になっていってるのがすごいですね!

オ:では、このグループの特徴を教えてください!

イ:今風、や、万人受けする、という感覚とは無縁の、豪快で自由、そして、唯一無二のイナギタケシの個性と、実力派のメンバーたちとのユーモラスな掛け合いに、「今までこんなの見たことない!」という気持ちになっていただけると思います。MVでは、メンバーたちが役になりきって、意外な(!)演技力も発揮していますので是非ご覧ください。

オ:確かにMVも拝見しましたが、すごい世界観で吸い込まれる感覚でした。中毒性ありますね!笑

(参照 あそこがファイヤー – イナギタケシ de fuwafuwa)

 

オ:ライブやリリースの情報はありますか?

イ:はい。8月5日(日)には、 下北沢Lagunaにて、『 Laguna 10th anniversary イナギタケシ de fuwafuwa presents あそこがファイヤー vol.9』 を開催します。 イナギタケシ de fuwafuwa 1st mini album「笑っちゃって~Ahahahaha~」レコ発ライブですので、是非ともみなさまにお越しいただけたらなと思っております。

オ:ありがとうございました!オトノウラガワ第2回はイナギタケシ de fuwafuwaの皆さんでした!

 

イナギタケシ de fuwafuwa

HP:https://www.fuwafuwamusic.com

DJが語る”サイレントフェス”の楽しみ方とは

4月16日に開催される『University Music Festa. 2017 大阪』内のコンテンツのひとつである、サイレントフェスについて出演する2人のDJにその魅力や楽しみ方、こだわるポイントなどを聞いてきかせていただきました。

 

サイレントフェスとは?

”世界一静かなフェス”

参加者は全員専用のワイヤレスヘッドホンをつけて1つの音楽をリアルタイムで共有する新しい音楽体験のカタチです。

クラブやライブハウスとは違い、同じ空間にいてもヘッドホンをつけていないひとからすると無音の中で人が踊っているので異様な景色となります。

 

 

DJの紹介

 

DJ ちゃんAKI

ジャンル:ROCK

数々のライブハウスやクラブでのイベントでDJを務める。邦楽ロックのLIVE&DJイベント『ONION NIGHT!』にも出演。

 

 

DJ はるくん。

ジャンル:Reggae・EDM・J-POP

関西の大型クラブなどをはじめ、教育委員会や24時間テレビなどのイベントにも出演。学生団体UMFの創設者でもある。

 

 

サイレントフェスの魅力とは

− 普段のライブハウスやクラブと、このサイレントフェスでは何が違ってくるのでしょうか?

 

(DJ はるくん。)

まず、最大の違いであり、魅力でもあるものは「ヘッドホンをつけている人と、つけていない人で楽しみ方が変わる」ということでしょうね。このサイレントフェスで音を楽しめるのはヘッドホンをつけている人のみです。逆にヘッドホンをつけていない人からすると無音の中で周りの人が踊っていたり、合唱していたりするのは、ここでしか見れない特別な体験になることだと思います。

その中で、ヘッドホンをつけている人は周りの目を気にせずに自分の世界に入り込んだり、つけている人同士で繋がりを感じながら一体感をつくっていってほしいなと思います。このサイレントフェスを一番に楽しめる方は間違いなくリスナーなので、存分に音楽を満喫してほしいなと思っています。

また、もう一つの違いとしては、ヘッドホンをつけることで普段のライブ以上に「音楽を聴きいる」ことができるのも特徴的です。

周りの音もシャットアウトされ、音楽もクリアに聞こえますし、DJとしてはつなぎやエフェクトなどにも普段以上に丁寧さが求められてくると思います。

見た目はもちろん、音楽の聴き方自体も普段のライブと違うものになっているのでぜひ楽しみにしていてほしいなと思います。

 

 

サイレントフェスに合う曲とは

− では、お次にこのサイレントフェスでお二人が流したい曲を教えてください。

 

(DJ ちゃんAKI)

まずはジャンルごとでわかりやすくノリやすい曲がいいと思いますね。

最近だと星野源さんの『恋』

みんな踊ってくれそうですよね(笑)

ほかにもフレデリックさんの『オドループ』のダンスはシュールな光景が思い浮かびます。(笑)

その他にもKEY TALKさんの『MONSTER DANCE』もいいですね!

 

(DJ はるくん。)

KANA-BOOMさんの『フルドライブ』でサークルモッシュや

HEY-SMITHさんの『True Yourself』でスカダンなどもありだよね。(笑)

J-POPならももいろクローバーZさんの『ココ☆ナツ』でみんなで大暴れするのもありだし、

tofubeatsさんの『水星』でメローで心地の良い楽しみ方もできたらいいなと思ってますね。

https://www.youtube.com/watch?v=NOjmN-ZHlBQ

 

(DJ ちゃんAKI)

いいですね!

そういったメジャーなもので盛り上げて、その中でみんながあまり知らない曲も聴かせてあげたいなと思ったりもします。1人のDJとして新しい音楽やその楽しみ方にも出会わせてあげたいですね。

 

(DJ はるくん。)

そこは僕も一緒で、メジャーな曲だけで盛り上げるだけではなく、いろんな見せ方をしていきたいですね!

 

サイレントフェスでのこだわりとは

− では、最後にこのサイレントフェスでどんなステージにしたいのかお聞かせください。

 

(DJ ちゃんAKI)

僕は、ROCKが中心になりますが、その中でも様々なジャンル・曲調があるので幅を効かせたステージにしたいですね。そして、「つなぎ」を意識したい。1曲1曲のつなぎや、他のDJさんとのつなぎ、メインステージとのつなぎなど、その場にあった音楽を提供できたらなと思っています。

 

(DJ はるくん。)

DJらしい考え方だね!

僕はこのUMFでやるからこそ様々なジャンルのいろんな楽しみ方がみんなと表現できたらなと思っています。ROCKのモッシュやスカダン、レゲエの横ノリ、EDMのノリノリ系、R&Bのゆったりした感じとか・・・いろんな音楽とともにいろんな楽しみ方をいろんな人と共有して、音楽を通して繋がれたら素敵だなと思っています。

そのためにはDJだけではなく、やはりみんなでつくっていくことが必要なのでみなさんの参加をお待ちしていますね!この日だけは恥ずかしさを家に置いてきましょう。(笑)

 

サイレントフェスも導入される『University Music Festa. 2017 大阪』の詳細はこちら

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【University Music Festa. 2017 大阪】

2017 / 4 /16 (Sun.)

@服部緑地野外音楽堂

Time:13:00~19:00

Fee:大学生・一般 ¥2,000

高校生    ¥1,000

中学生以下  無料招待

主催:学生団体UMF

【Silent Fes.】

DJ はるくん。

DJ Silent it

DJ ちゃんAKI

and more!!!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

University Music Festa.2017 大阪 特設HP

https://gakuseidantaiumf.wixsite.com/umf2017

学生団体公式HP

http://gakuseidantaiumf.wixsite.com/gakuseiumf

Facebook イベントページ

https://www.facebook.com/events/396874510655063/

チケット購入ページ

http://peatix.com/event/228840/edit

客だしは5分で終わる!?イベンター直伝のハケ方とは?

楽しかったなーとイベント終わりに余韻に浸っている時、スタッフの人から「会場から出てください」と出口に追いやられたり、何回も何回も「会場から出てくれ」とアナウンスされ、せっかくの余韻が冷めてしまうことありませんか?

もしくはイベントをしてる方でお客さんにそういったことをしていませんか?

過去にイベントをたくさんつくったり、出演している立場の私からするとこの手のミスは多くのイベントで見受けられます。

イベント終了後の時間はお客さんや出演者さんなどがイベントの世界観に酔える至福の時間です。また、来場者どうしで写真を撮ったり、演者さんとお客さんが会話を楽しむなど、運営にとっても様々なメリットがある時間で、イベントの中のひとつのコンテンツとも言え、

その時間を運営側の都合で邪魔をするのはイベントの価値を自分で下げているのと一緒とも言えます。

なので、今回は正しい客だし方法をお教えしたいと思います。

知ってるか知らないかで大きく変わるので、ぜひイベントの作り手の方は目を通していただけると嬉しいです。

 

(なお、今回は500人以下のホールを想定しています。)

 

 

1.客だしは5分で済む

まず、イベント運営者が一番おかしがちなミスはイベント終了後、すぐにお客さんを出そうとすることです。

これが一番の間違いであり、それがお客さんの不満や足を止める原因になっています。

正しいイベント後の進行は「何もしない」こと。

そう、お客さんに余韻を味わう時間をつくってあげるということです。

会話を楽しめるBGMをかけながら上質な時間を最後まで提供しましょう。

その際にMCさんから「ご自身のお荷物はお手持ちになってください」とアナウンスしてもらっておくとハケる時に人が動くだけでOKなので、さらに効率があがります。

あと、イベント終了前から会場前にスタッフは配置しておきましょう。

ホール前での溜まり行為は会場に大きな迷惑をかけてしまいます。(近隣にお住いの方からの苦情によりホールが閉店させられるケースもあります。)

会場前では溜らせない・騒がせないはイベンターとして徹底しましょう。

 

 

2.片付けは優先順位を間違うな

イベントが終了して片付けをしないといけないということはわかりますが、フロアや舞台上の片付けを焦ることはありません。舞台上はメインスピーカーで音を流しておいてもモニタースピーカーや楽器類、照明などは片付けていけますし、フロアに関しては経験上、15分もあれば現状復帰できる会場がほとんどです。

メインスピーカーやミキサー卓などは客だし後でも充分片付けられるので、後回しにしていても問題ありません。

それよりも主催者の荷物などを出したり、整理したりするのにかなりの時間が取られるので、お客さんが喋ってる間に搬入口などからどんどんと会場の外に荷物を出していきましょう。

主催者控室がどこよりも先に片付いているというのが理想の状態です。

 

 

3.客だしスタート

15~20分ほど話したり、写真を撮ればお客さんも十分余韻を楽しめます。

ここでようやく客だしをスタートさせます。

そのやり方は簡単で、

①会場の出入り口からいちばん離れているところ(ステージ前や2階席など)からスタッフ数名が一列に並び、そのまま出口に向かって歩いていくのみです。その途中途中で出会うひとたちに声を張らずに「ご退場お願いしま~す」と声をかけていってあげてください。その組が動き出したらまた出口に向かって歩いていく、人がいたらまた声をかける。その繰り返しで効率良くハケることができます。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%97

②もし、忘れ物や落し物などで締め切ったエリアに行きたい人がでてきたらそのひとに1人がついて用が済んだらすぐに退出をしてもらうようにしましょう。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%972

③そして、フロアから人がいなくなればフロアを締め切って、音も止め、ステージやフロアの片付けを行いましょう。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%973

④ラウンジ部分でもひとのハケ方は同様です。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%974

この方法であれば大きなホールでもすぐに人をハケさせることができるのでぜひご活用ください。

 

いかがでしたでしょうか?

一度聞くと当たり前のように感じるかもしれませんが多くのイベントでできていない現状ですので、次回のイベント時には思い出して参考にしてみてください。

素敵なイベントが増えることを心から願っています。

イベント制作の業界用語をマスターしよう♪

 

音楽イベントをつくりたい、もしくはつくる立場になったひとのためにまず知っておきたいイベント業界の基本的な用語をご紹介します♪

ckuqkfuuyaarmvq

 

【用語の見方】

用語
説明
使用例

 

・会場&ステージ関係の用語

上手(カミテ)・下手(シモテ)
上手 = 客席からみて右側 / 下手 = 客席からみて左側
出演者の方、下手側待機でお願いしま~す。

キャパ(キャパシティー)
ホールや劇場などの座席数や収容人数のこと。
あのホールのキャパどれくらい?

バミる
ガムテープ等で舞台上に目印などを付けること。
ボーカルの立ち位地、バミってる?

ジェネ(ジェネレーター)
発電車のこと。
ジェネの手配よろしく。

平行(ヘイコウ)
一般家庭で使用する15Aコンセントのこと。
この平行からいただいていいですか?

動線(ドウセン)
来場者やスタッフの動きを表した線のこと。=導線
物販の動線確保できてる?

裏動線(ウラドウセン)
関係者のみが通れる動線のこと。
ゲストが到着されたから裏動線から楽屋にご案内して〜。

 
・アーティスト関係の用語

板付(イタツキ)
パフォーマンスを演者が既に舞台上に居る状態からはじめること。 ⇔音先
ダンスの演目、板付から始めます。

音先(オトサキ)
パフォーマンスをはじめる際に音を先に流してからはじめること。同義語 = 音きっかけ ⇔板付
音先でMCに入ります。

アゴ・アシ・マクラ
アゴ = 食費 / アシ = 移動費 / マクラ = 宿泊費
このブッキング費はアゴアシ込みです。

ケータリング
飲食類やお弁当のこと。
アーティストのケータリングの準備OKです。

入り(イリ)
入り時間の略。出演者やスタッフなどが現場に到着する時間のこと。
明日現場に11時入りでお願いします。

MC(エムシー)
司会者、または曲間で行うトークのこと。
2曲目終わったらMC入ります。

影アナ
MCが舞台そで等お客さんから見えない位置でアナウンスをいれること。
諸注意は影アナで流します。

オケ
歌以外のカラオケ部分のこと。またはオーケストラの略。
板付でオケ流してもらいたいです。

 
・進行上の用語

タイスケ(タイムスケジュール)
準備〜本番〜撤収までのスケジュール一覧のこと。=TT(ティーティー)
タイスケより早く終わったし飲みにいくか!

CUE(キュー)
進行上の合図、キッカケのこと。
CD音源流す時に、CUEもらっていいですか。

ハケる
舞台上からいなくなる、かたづけること。
パフォーマンス終わり次第、ハケて下さい。

転換(テンカン)
ステージ上のセッティングを変えること
転換時間10分でいきます!

暗転(アンテン)
照明を落として暗くすること。
暗転中にハケて下さい。

オンタイム
定刻通り。
オンタイムでスタートします。

押す(オス)
予定している時間よりも遅れている状態。
10分押してるのでMCの時間、短くします。

巻き(マキ)
予定している時間よりも早まっている状態。また早くする、急ぐこと。
転換、マキでお願いします!

リハ(リハーサル)
練習やテストのこと。
リハの時間取れますか?

逆リハ
プログラムと逆の順番で行うリハーサルのこと。終了後すぐに本番を迎えられる。
頭がバンドなので逆リハでいきます。

ゲネプロ
本番通りに行う通し練習のこと
最終、ゲネプロで足りないところがないか確認します。

香盤表
出演する俳優全員の役名と出演場面を書いた一覧表。映像では撮影計画の詳細を1表に書き表したもの。
香盤表を見て手が空いてる人を集めてきて!

進行台本
時間の流れに沿って詳細な演出内容を示した台本。
11時からPAとオーガナイザーと舞台監督とで進行台本の読み合わせね!

見切れる(ミキレル)
客席から舞台の袖や大道具の影になっていなければならない物や人が見えてしまうこと。また、舞台上のスピーカーなどが邪魔してステージの全体が見えないこと。
さっきハケたドラムセット見切れちゃってるよ〜。

 
・制作&機材関係の用語

PA(ピーエー)
音響装置や音響屋さんの呼び名のこと。
PAに台本渡しておいてね。

リバーブ
音響効果のひとつ。カラオケのエコーのような残響エフェクターのこと。
もう少しリバーブ効かせてください。

ディレイ
音響効果のひとつ。原音を遅らせて一定の間隔で繰り返す「やまびこ」の様なエフェクターのこと。
ディレイ効きすぎじゃない?

SP(スピーカー)
スピーカーのこと。
SPはこことここに配置しますね。

返し(カエシ)
演奏や歌をステージ上のアーティストに聞かせるために使用されるモニタースピーカー全般のこと。
ドラムの返し、ギターの音をもう少しもらってもいいですか?

フット
フットモニターのSPの略。出演者足元に置くモニター用SP。同義語 = 三角
フットの音、もう少しもらっていいですか。

ハウる
「ハウリング」の事。マイクをSPに近づけると「キーン!」と鳴るループ現象のこと。
マイク、ハウるから近づかないでね。

サウンドチェック
SPをチェックしたりチューニングしたりすること。「ワン・ツー」とか言うアレ。
サウンドチェックでき次第、リハに入ります。

SE(エスイー)
音響効果音のこと。また、本番前に流す音楽のことも指す。
客入れ時のSEはこのCDを流してください。

生きる・死ぬ(イキル・シヌ)
生きる = 機能していること / 死ぬ = 機能していないこと。
MCマイクずっと生かしといてください。

ゴッパチ
SHURE製SE-58マイクの略。30年近くPAの現場で使用されているボーカル用定番マイク。
予備でゴッパチ1本立てておきますね。

ゴーナナ
SHURE製SE-57マイクの略。このマイクも長年PAの現場で使用されている楽器用定番マイク。
ボーカルゴーナナでいきます!

タク
音響や照明のミキサー卓(操作卓)の略。ツマミやフェーダーが沢山付いている難しそうなアレ。
卓らへんに演者のSE置いといて〜。

仕込み(シコミ)
音響・照明・美術・大道具などのセッティングのこと。
9時入りしても3時間は仕込みでかかります。

養生(ヨウジョウ)
イベント会場の床や壁、柱などを傷つけないように保護材を取り付けること。
機材運び入れるから入口の柱を養生しといて〜。

 

 

いかがでしたでしょうか?

音楽系の専門用語に加えて、イベント業界用語は複雑なものが多いのでしっかり予習をしておきましょう。

【生活に溶け込む音楽】発車メロディ-京阪神編

駅のホームから電車が出ていく時に流れるあのメロディ。あなたは口ずさむことが出来るだろうか。実はバラエティに富んで、思わず「へぇ」と言ってしまう発車メロディも。ほとんどの人が日常的に耳にしているはずだが、あまりにも日常に溶け込んで気にも留めない。そんな音楽。発車メロディの数々を今日はご紹介していきたいと思う。

皆さんは普段乗っている鉄道が駅に発着する時に流れているメロディを覚えているか、と聞かれてすぐ口ずさむことが出来るだろうか。ほとんどの人が日常的に耳にしているはずだが、あまりにも日常に溶け込んでいる物事は見逃してしまうのが人の常である。
そんな発車メロディの数々を今日はご紹介していきたいと思う。

JR西日本 大阪環状線

img_2
出典: http://blogs.yahoo.co.jp/wgudamexpress_crash/3132337.html

無題

まずはJR西日本から、大阪環状線の発車メロディをご紹介しよう。大阪環状線は大阪、西九条、天王寺、京橋など大阪市内を結ぶ環状線だ。なんと大阪環状線の19の停車駅では、それぞれ異なる19曲の発車メロディを聞くことが出来る。大阪駅なら「やっぱ好きやねん(やしきたかじん)」、桜ノ宮は「さくらんぼ(大塚愛)」というように、 その駅のイメージにあった曲が使用されている。

この発車メロディは、2014年3月に『大阪環状線改造プロジェクト』の一環として導入された。今年2016年から順次新車輌323系を投入することもあり、現在JR西は特設サイトを設置するなどして、プロジェクトを大々的にPRしている。

阪急電鉄

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%80%A51000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_(2%E4%BB%A3)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%80%A51000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_(2%E4%BB%A3)

次は、関西では言わずと知れた大手私鉄、阪急電鉄の発車メロディをご紹介しよう。
“発車メロディ”を紹介しようとは言ったものの、実は阪急電車のほとんどの駅では、到着メロディは採用されているもの、発車時はメロディではなくベルが鳴るだけだ。そんな阪急電鉄の駅の中でも2駅だけ独自の発車メロディを聞くことが出来る駅が存在する。阪急最大のターミナル梅田駅と、宝塚線と今津線の乗換駅である宝塚駅だ。

阪急は京都線、宝塚線、神戸線の3つの本線と、それに付随する千里線、今津線などの支線を有している。ターミナルである梅田駅では、3つの本線のイメージに合わせて作曲された発車メロディを聞くことが出来る。京都線であれば「竹」、宝塚線は「高級感」、神戸線は「海」が曲のコンセプトだ。皆さんも次に、阪急電車に乗車する際には、嵐山の竹林、宝塚の高級住宅街、港町神戸といった行き先の情景を思い浮かべることが出来るだろう。

一方、宝塚駅ではもはや地元の代名詞である歌劇団にちなんだ「すみれの花の咲くころ」と、宝塚が誇る漫画界の巨人手塚治虫氏の手がけた名作アニメーション「鉄腕アトム」のオープニングテーマが使用されている。そもそも宝塚歌劇団は阪急の創始者小林一三が手がけたものであり、現在も阪急電鉄が所有、運営している。「すみれの花が咲くころ」を聞くことができるのは宝塚線、「鉄腕アトム」は今津線のホームだ。沿線の文化を感じさせるメロディは、マルーン色の車体や沿線住宅街でブランド力に定評のある阪急ならではの「らしさ」なのかもしれない。

 

京阪本線

02_1024_768
https://www.keihan.co.jp/traffic/railfan/

京阪電鉄は自社オフィシャルサイトに鉄道ファンのための特設ページを設けており、いわゆる鉄ちゃんへのサービスにも余念がない。そんな京阪電鉄の発車メロディは全国の鉄道ファンから特に人気を集めている。人気の理由は、つなげて聞くと一つの曲になるように作曲するという、玄人心をくすぐる一工夫だ。

発車メロディは大阪・淀屋橋と京都・三条を結ぶ京阪全線89駅のうち、中之島、淀屋橋、天満橋、京橋、守口市、萱島、香里園、枚方市、樟葉、八幡市、淀、中書島、丹波橋、深草、三条、出町柳、私市、宇治で聞くことが出来る。以上の18駅で「上り(京都方面ゆき)」と「下り(大阪方面ゆき)」、そして列車種別に応じて4つのコンセプトの曲が作られているので、実に72種類ものメロディが存在することになる。

例えば特急出町柳行き(上り)であれば京風を感じるメロディが停車駅で流れ、それをつなげることで「MIYABI」をコンセプトの一曲となる。他にも上りの特急以外は「KIRAMEKI」、下り特急は「GENKI」、下り一般は「AKOGARE」というコンセプトがそれぞれ設定されている。こんなにもたくさんのメロディがあるとなれば、一般ユーザーの方々も通勤、通学、お出かけの際にホームで耳を傾けるのが少し楽しくなるかもしれない。

北大阪急行

http://news.mynavi.jp/news/2016/02/27/224/
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/27/224/

JR、大手私鉄2社のお次は、北大阪急行、通称北急だ。北急は御堂筋線江坂駅と千里中央駅を結ぶ路線である。たった4駅の区間で、かつ大阪市営地下鉄御堂筋線と相互直通運転を行っていることから、北急を利用したことがあっても、御堂筋線の一部だと勘違いしていたという方も多いかもしれない。

環状線各駅のイメージから選曲されたメロディ、ターミナルで流れる路線ごとのメロディ、つなげると1曲になるメロディをご紹介してきたが、北急では季節ごとに異なる4つの発車メロディを聞くことが出来る。この発車メロディが流れるのは千里中央駅のホームから江坂方面の電車が発車するときだ。春は「春の歌」、夏は「アルルの女」、秋は「枯れ葉」、冬は「たきび」というように、季節に合わせた民謡などがメロディーとして選ばれている。

四季を感じさせてくれる発車メロディというのは面白いし、稀に北急に乗るという人は、前に乗ったときは夏の暑い日だったな、などと想起するのも風情があるだろう。

京阪神市営地下鉄 比較

京都、大阪、神戸。三都とも呼ばれる各都市の市営地下鉄で使われている発車メロディを最後に比較してみよう。

 

まず最初に古の都、京都の市営地下鉄から聞いていこう。先ほどご紹介した阪急、京阪と同様に、やはり古都・京都らしく和を感じさせるメロディが印象的だ。その気概は「古都の朝霧」、「醍醐の鶯」、「春開き」、「詩仙堂猪脅し」という曲名を見ても一目瞭然である。
余談ではあるが、京都市営地下鉄は東西と南北十字状にしか路線がないため、寺社仏閣を巡ろうと思うと、同じ京都市交通局の運営する市バス、もしくはタクシーを利用しなければ行くことの出来ない場所が多い。と、いうのも京都市電が路面を走っていた時代の経路はほとんど、現在市バス路線とされているからだ。また、京都市電とは別だが、現在でも京都市内には路面電車が走っている。

お次は天下の台所、大阪の市営地下鉄だ。
こちらは一般的な電車の到着メロディ、発車メロディといった印象。大阪市営地下鉄はほぼ全線において同一の接近・発車メロディが使用されているが、例外的に長堀鶴見緑地線だけ異なる接近・発車メロディを使用している。この長堀鶴見緑地線で採用されている接近メロディは門真南方面行きが大阪弁アクセントの「つるみりょくち(鶴見緑地)」をメロディ化したもの、大正方面行きが同じく大阪弁アクセントの「きょうばし(京橋)」をメロディ化したというユニークな経緯を持っている。

トリを飾るのは、関西が誇る港町神戸だ。神戸といえば、夜景や異人館などもあり、オシャレなイメージが強いと思う。しかしながら意外にも、市営地下鉄の発車メロディは非常にシンプルで、メロディというよりはベルやブザーといったほうが、伝わりやすいものだ。唯一、2001年に開業した海岸線では、発車メロディを聞くことが出来るが、それも先ほどまでにご紹介してきたバラエティに富んだ発車メロディに比べると、どうしても劣るように感じてしまったというのが私の率直な感想だ。おしゃれな港町・神戸のイメージにいささか期待しすぎていたのかもしれない。いかに良い印象を与えるレッテルでも、時にはそのイメージと現実とのギャップがカウンターになりかねないといういい教訓ではないだろうか。

 


いかがでしょうか。
普段何気なく駅や電車で耳にしているメロディも、注意深く耳を傾ければ新たな発見があるかもしれない。皆様も街に出て、様々な音楽に触れてみてはいかがだろうか。

元気が出る「新生活応援ソング」10曲

春。新生活への不安や焦りで落ち込んだり、立ち止まることもしばしば。そんな時に背中を押してくれる人生応援ソング10曲をYouTubeの動画でご紹介します。

春は出会いと別れ、人生の節目となる場面に多くの人が直面する季節です。
新たな環境に不安を抱えているという人も多いことでしょう。
そんな時に背中を押してくれる、元気の出る応援ソングを今回はご紹介していきたいと思います。


Perfume / ワンルーム・ディスコ

 

「ワンルーム・ディスコ」は、日本のテクノポップユニット・Perfumeの9thシングル。2009年3月25日に徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

出典: ワンルーム・ディスコ – wikipedia

 

 


miwa / 春になったら

 

「春になったら」(はるになったら)は、miwaの5枚目のシングル。2011年2月23日にSony Recordsより発売。

出典: 春になったら – Wikipedia

 

 


槇原敬之 / どんなときも

 

「どんなときも。」は、槇原敬之の3枚目のシングル。1991年6月10日発売。発売元はWEA MUSIC。

出典: どんなときも。 – Wikipedia

 

 


大橋卓弥 / はじまりの歌

 

「はじまりの歌」は、大橋卓弥の1枚目のシングル。

出典はじまりの歌 – Wikipedia

 

 


GReeeeN / 歩み

 

「歩み」(あゆみ)は、GReeeeNの9枚目のシングル。2009年1月28日にNAYUTAWAVE RECORDSから発売。

出典: 歩み(GReeeeNの曲) – Wikipedia

 

 


FUNKY MONKEY BABYS / 涙

 

『涙/夢』(なみだ/ゆめ)はFUNKY MONKEY BABYSの12作目のシングル。2010年1月27日発売。両A面シングル。

出典: 涙/夢 – Wikipedia

 

 


YUI / It’s My Life

 

「It’s My Life/Your Heaven」(イッツ マイ ライフ/ユア ヘブン)は、YUIの18枚目のシングル。2011年1月26日にSony Music Recordsから発売された。

出典: It’s My Life/Your Heaven – Wikipedia

 

 


いきものががり / いつだって僕らは

 

「いつだって僕らは」(いつだってぼくらは)は、いきものがかりの22作目のシングル。2012年1月18日にエピックレコードジャパンから発売された。

出典: いつだって僕らは – Wikipedia

 

 


ゆず / イロトリドリ

 

「イロトリドリ」は、ゆずの配信限定シングル。2013年1月30日にセーニャ・アンド・カンパニーから配信された。

出典: ロトリドリ(ゆずの曲) – Wikipedia

 

 


星野 源 / 時よ

 

星野 源 4th アルバム『YELLOW DANCER』より
Music Video「時よ」

出典: 星野 源 – 時よ 【MUSIC VIDEO & Album Trailer】 – YouTube

 

 


 

いかがでしょうか?
時に不安な気持ちに寄り添い、時に元気を分け与えてくれる。
そんな素敵な音楽は人生の良きお供とも言えるものです。

そんな音楽を皆さんも探してみてはいかがでしょうか。

関大UNIDOL「SilkParfait」学内ライブレポ

女子大学生アイドルの祭典「UNIDOL」出場をめざし、日々練習やライブをするユニドルたち。関西大学のユニドル「SilkParfait」の学内ライブに突撃取材。写真たくさんのライブレポート。

 

4月12日、関西大学千里山キャンパス・悠久の庭にて、大学の昼休みを利用して、関大のユニドルSilkParfaitが学内ライブを行った。当日は天候にも恵まれ、会場、悠久の庭は昼食を食べる学生たちの格好の溜り場になる。彼女たちを目当てに集まった人を含め、学内の多くの人々がその様子を見届けた。

ライブでは人気アニメ「ラブライブ!」に登場するユニットμ’sの「No brand girls」を始め、スマイレージAKB48などの人気アイドルの楽曲6曲を踊った。初めは物珍しい光景を、少し不思議な表情で見ていた学生たちも、後半ではリズムに合わせて手拍子をするなど、学内での注目に手応えを感じられる様子も見られた。沢山の学生たちの目に留まる昼休みのキャンパスは彼女たちにとって知名度を上げる格好の舞台なのかもしれない。

MCでは、次回の学内ライブを4月28日(木)に行うことを発表した。また、関西の女子大生アイドルUNIDOLの頂点を決める、UNIDOL Summer 2016関西大会に出場する彼女らは新メンバーを募集している。大きな舞台を目指し、日々練習やライブを重ねユニドルたちから目が離せない。


セットリスト
1.No brand girls / μ’s
2.スキちゃん / スマイレージ
3.完璧ぐ~のね / 渡り廊下走り隊
4.大声ダイヤモンド / AKB48
5.まっさらブルージーンズ / ℃-ute
6.オーマイガー / NMB48


予定
4/17 あいどるらんち@心斎橋BASSO(ちさとソロ)
4/20 @心斎橋BASSO
4/27 萌え抜け決勝@心斎橋BASSO
4/28 学内ライブ@関大千里山キャンパス
5/1 @アイドルスタジアム(日本橋)
5/3 @とんぼりリバーウォーク(道頓堀)
5/14 @日本橋UP’s
5/19 @西九条brand new
5/26 @京都VOXhall
5/29 SweetsParadise@日本橋wktkシアター
6/5 城天ライブ@大阪城公園
6/21 UNIDOL 2016 Summer 関西大会@梅田amHall
6/22 UNIDOL 2016 Summer 関西大会@梅田amHall


画像

IMG_5137

IMG_5139

IMG_5140

IMG_5142

IMG_5143

IMG_5152

IMG_5154

IMG_5161

IMG_5172

IMG_5174 (768x1024)

IMG_5175 (768x1024)

IMG_5176 (768x1024)

 


SilkParfaitツイッターアカウント

YouTubeで見ることが出来る360度動画対応のMV・LIVE映像

YouTubeの360度動画という機能があることをご存知だろうか。未来のエンターテメントの形として徐々に私たちの身近で採用されているVR技術。360度動画で見ることのできるLIVE映像、MV(ミュージックビデオ)をご紹介。未来の音楽業界が少し見えてくるかもしれない。

360度動画をご覧になったことはあるだろうか?

YouTubeやFacebookは2015年前半から360度動画のアップロード機能が追加されている。

従来の動画はカメ撮影機器の正面での出来事が記録されるので、撮影者や制作者の意思によってしか視点を動かすことはできない。
それに対して360度動画は一般の視聴者がPCやタブレット、スマートフォンを介して、自らの意思で全方位に視点を動かすことが出来るのというのである。
さらに、ジャイロセンサー(1)の搭載されているデバイスであれば、タップなどによる操作なしで視点を動かすことが出来る。

360度動画はまだコンテンツ数こそ少ないものの、近未来のエンターテイメントの形として、今後のトレンドになる可能性を十二分に持っている。
そこで今回は360度動画として公開されているミュージックビデオやライブ映像をいくつかご紹介していこう。

 

(!)ジャイロセンサー:本体の傾きを検知するセンサー。例えば画面の縦横が自動的に切り替わるスマートフォンには、ジャイロセンサーが搭載されている。


 

Avicii– Waiting For Love (Jump VR Video)

360度動画のサービス開始から比較的初期に公開されたスウェーデンのDJアヴィーチーのミュージックビデオ。今回ご紹介する中では最も多く再生されている。360°の視点を活かした、カメラを中心に円形に配置した扉を使うパフォーマンスが印象的。

 

 


 

しょこたん♥さっちゃん 『無限∞ブランノワール』(360° Music Video)

しょこたんの愛称でおなじみ中川翔子と、近年ネット上でラスボスと揶揄される小林幸子のコラボシングルのミュージックビデオ。中国の神話で天の四方の方角を司る四神を背景に中川翔子と小林幸子がバトルを繰り広げる作品。

 

 


Scooter – Riot (360° Live Video) (Official Video HD)

ドイツ・ハンブルグ出身のEDM、ハードトランス系ロックバンドScooterのライブ映像。激しいパフォーマンスと、巨大な野外ステージを前にビートに乗る超満員の観客は壮観だ。

 

 


Superfly – Beautiful 360度Live映像at大阪城西の丸庭園

Superflyが2016年4月4日にデビュー9周年を記念してアップロードした2015年に大阪城西の丸庭園で開催したフリーライブの映像。
圧巻の歌唱力に魅了される観客の多さもさることながら、会場の後方にそびえたつ大阪城天守閣がライブの様子を写実的に伝えてくれる。

 

 


WEAVER「KOKO」360°動画 @“Rainbow Lounge”

WEAVERが2月11日に神奈川・はまぎん こども宇宙科学館 宇宙劇場で行ったプラネタリウムライブの映像。
360°視界を動かすことが出来るためプラネタリウムという限定的な会場を追体験することが出来る。

 

 


以上5つの360度動画をご紹介した。
いかがでしょうか?

360度動画には撮影することのできるカメラがまだ普及していないことや、ひょっとすれば定点から360度を撮影するよりも臨場感を与えてくれる従来の動画の撮影技術の高さなど障害が多くある。

しかし、現状がいつ覆されるかもわからないほど、近年のVR技術の向上は飛躍的に進んでいる。
これから360度動画がどのように利用されていくのだろうか。
360度動画から目が離せない。

タダ見バンザイ!フリーライブに行こう-大阪・京都編-

フリラ、無銭などとも呼ばれ、足しげく通う人もいるというフリーライブ。ライブに行くのは敷居が高いと思い込んでいる方必見。大阪、京都で開催されたフリーライブをYouTubeの動画からご紹介します。さらにフリーライブの開催される会場をご紹介。これであなたも気軽にライブ参戦!

好きなアーティストがいる、音楽が好きだ そんな方なら一度はライブに行ってみたいと思うものです。
しかし、ライブに行くのは少し敷居が高いそんな風にお感じの方も多いのではないでしょうか?

・行ったことがないから少し不安
・遠方に赴くのは無理
・チケット代が高い
 etc...

そんな壁を感じている皆様に今日はフリーライブに行ってみることをご提案したいと思います。
フリーライブとは、読んで字のごとく無料で入場、参加することの出来るライブイベントのことです。無料ライブと言われると、無名のアーティストが路上にギターケースを置いて、弾き語りをするような光景をまず想像するかもしれません。

しかし、実は皆さんもご存知の有名なアーティストたちもフリーライブを開催しています!

フリーライブは無銭、フリラなどとも呼ばれ、毎週末近場でフリーライブに参加するという人もよく見られるほどです。
それでは、ここからは大阪で開催されているフリーライブを動画を添えて紹介していきたいと思います。

 


MAN WITH A MISSION 「燃えよオオカミ~日本中ノ心ニ火ヲ灯ス!~」
 2015.2.11 @道頓堀リバーウォーク

MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)は、日本のロックバンド。所属レコードレーベルはソニー・ミュージックレコーズ、所属事務所はeggman Co.,Ltd.。頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという設定である。
出典: MAN WITH A MISSION-Wikipedia

大阪を代表する観光地、道頓堀を埋め尽くす数えきれないほどのファンたちが、響き渡るロックサウンドに熱く身を乗り出す光景は壮観です。船上でライブを行うのも斬新です。
熱いライブに、偶然その場に居合わせた観光客の人々も思わず目を奪われたことでしょう。

 


SEKAI NO OWARI 「スノーマジックファンタジー発売記念フリーライブ」
 2014.01.26 @千里セルシー

SEKAI NO OWARI(せかいのおわり、セカイノオワリ、End Of The World)とは、2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビューした日本の4人組ロックバンド。
出典:SEKAI NO OWARI – Wikipedia

こちらもものすごい人だかり。このライブの行われた千里セルシーは大阪北急行、大阪モノレール千里中央駅にほど近いショッピングモールですが、関西有数のフリーライブスポットとして、週末になれば様々なアーティストがファンたちを熱狂させます。
バルコニー状になっている2階や3階にまでファンで埋め尽くされる様子は、まるでドームやスタジアムでのライブをおもわせます。

 


AKB48  「AKB48 大阪キャンペーン 2015 フリーライブイベント
 2015.06.20 @グランフロント大阪 うめきた広場 メインスペース

AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。
出典: AKB48 – Wikipedia

なんと、大阪・キタの中心地、梅田のグランフロントの側でAKB48を見ることが出来たのです。ファンの激しいコール(掛け声)はアイドルのライブを見たことが無い人からすると、異世界に迷い込んでしまったような不思議な感覚がするかもしれませんね。

 


私立恵比寿中学 「私立恵比寿中学オータムソニー・ミュージックレーベルズハヌケツアー2014~どうかせんぱちぱちhahahaん~
2014.09.15 @京都府立山城総合運動公園(太陽が丘)・野外ステージ

私立恵比寿中学(しりつえびすちゅうがく)は、スターダストプロモーションに所属する、2009年に結成された女性アイドルグループ。自称「King of 学芸会」。略称はエビ中。
出典: 私立恵比寿中学 – Wikipedia

さて、最後に京都編。こちらは交通アクセスは決していいとは言い難いですが、週末に広々とした緑あふれる公園を満喫して、ライブも見られたら一石二鳥ですよね!
実は、この映像で歌われている「ハイタテキ」はこのライブが初公開でした。あなたもフリーライブで、新曲の記念すべき初公開に居合わせた一人になることが出来るかも!?


以上、4つのフリーライブをご紹介してきました。
いかがでしょうか?

フリーライブはCDの発売プロモーションの目的で行われることが多いので、気になるアーティストが新曲を発売する時には、要チェックです。

また、今回はご紹介できませんでしたが、フリーライブは各地のCDショップでも開催されています。(インストアライブ)
興味のある方は、お近くのCDショップの情報も確認してみるのもいいかもしれません。

あなたもフリーライブに行って気軽に週末ライブマニアに!