YouTubeで見ることが出来る360度動画対応のMV・LIVE映像

YouTubeの360度動画という機能があることをご存知だろうか。未来のエンターテメントの形として徐々に私たちの身近で採用されているVR技術。360度動画で見ることのできるLIVE映像、MV(ミュージックビデオ)をご紹介。未来の音楽業界が少し見えてくるかもしれない。

360度動画をご覧になったことはあるだろうか?

YouTubeやFacebookは2015年前半から360度動画のアップロード機能が追加されている。

従来の動画はカメ撮影機器の正面での出来事が記録されるので、撮影者や制作者の意思によってしか視点を動かすことはできない。
それに対して360度動画は一般の視聴者がPCやタブレット、スマートフォンを介して、自らの意思で全方位に視点を動かすことが出来るのというのである。
さらに、ジャイロセンサー(1)の搭載されているデバイスであれば、タップなどによる操作なしで視点を動かすことが出来る。

360度動画はまだコンテンツ数こそ少ないものの、近未来のエンターテイメントの形として、今後のトレンドになる可能性を十二分に持っている。
そこで今回は360度動画として公開されているミュージックビデオやライブ映像をいくつかご紹介していこう。

 

(!)ジャイロセンサー:本体の傾きを検知するセンサー。例えば画面の縦横が自動的に切り替わるスマートフォンには、ジャイロセンサーが搭載されている。


 

Avicii– Waiting For Love (Jump VR Video)

360度動画のサービス開始から比較的初期に公開されたスウェーデンのDJアヴィーチーのミュージックビデオ。今回ご紹介する中では最も多く再生されている。360°の視点を活かした、カメラを中心に円形に配置した扉を使うパフォーマンスが印象的。

 

 


 

しょこたん♥さっちゃん 『無限∞ブランノワール』(360° Music Video)

しょこたんの愛称でおなじみ中川翔子と、近年ネット上でラスボスと揶揄される小林幸子のコラボシングルのミュージックビデオ。中国の神話で天の四方の方角を司る四神を背景に中川翔子と小林幸子がバトルを繰り広げる作品。

 

 


Scooter – Riot (360° Live Video) (Official Video HD)

ドイツ・ハンブルグ出身のEDM、ハードトランス系ロックバンドScooterのライブ映像。激しいパフォーマンスと、巨大な野外ステージを前にビートに乗る超満員の観客は壮観だ。

 

 


Superfly – Beautiful 360度Live映像at大阪城西の丸庭園

Superflyが2016年4月4日にデビュー9周年を記念してアップロードした2015年に大阪城西の丸庭園で開催したフリーライブの映像。
圧巻の歌唱力に魅了される観客の多さもさることながら、会場の後方にそびえたつ大阪城天守閣がライブの様子を写実的に伝えてくれる。

 

 


WEAVER「KOKO」360°動画 @“Rainbow Lounge”

WEAVERが2月11日に神奈川・はまぎん こども宇宙科学館 宇宙劇場で行ったプラネタリウムライブの映像。
360°視界を動かすことが出来るためプラネタリウムという限定的な会場を追体験することが出来る。

 

 


以上5つの360度動画をご紹介した。
いかがでしょうか?

360度動画には撮影することのできるカメラがまだ普及していないことや、ひょっとすれば定点から360度を撮影するよりも臨場感を与えてくれる従来の動画の撮影技術の高さなど障害が多くある。

しかし、現状がいつ覆されるかもわからないほど、近年のVR技術の向上は飛躍的に進んでいる。
これから360度動画がどのように利用されていくのだろうか。
360度動画から目が離せない。

オンガク編集部

投稿者: オンガク編集部

学生向け音楽情報メディア"オンガク"の運営をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です