Hi-STANDARDが16年ぶりの新作をゲリラリリース!

10月5日に日本を代表するパンクバンド、Hi-STANDARDが16年ぶりに新作「Another Starting Line」を発売しました。

 

 

ハイスタが復活して以来16年ぶりのリリースということもですが、事前メディアを使った告知や予告を一切せず、当日に店舗にだけという形だけで並ぶというゲリラリリースという形が話題になり全国各地のCDショップでは売り切れが続出したそうです。

 

そもそもHi-STANDARD(通称ハイスタ)とは1991年に結成されたパンクバンドで、アメリカのパンクロックバンドであるNOFXにその才能を見出され、逆輸入という形で日本で大ブレイクしたメロコアバンドです。彼らのアルバム「MAKING THE ROAD」はインディーズレーベルからの発売にも関わらず、ミリオンヒットを達成し、日本のバンドシーンを変えたアルバムといっても過言ではないでしょう。

 

また「AIR JAM」というハイスタ主催の野外フェスを3度開催し、3度目の開催を最後に解散しました。しかし2011年、東日本大震災の復興を掲げAIR JAM2011、また翌年にAIR JAM2012を開催し全国のメロコアファン待望の復活を遂げ話題になりました。

 

今回のゲリラリリースの狙いとしては、気軽に音楽をダウンロードして聞くことが一般化された時代の中で、CDショップに足を運んで手にとってCDを買ってほしいというハイスタなりの粋な計らいなのかもしれません!

 

ハイスタは過去にも、CDショップに通い続ける昔からの自分達のファンに感謝を込めて、シングル「War Is Over」を今回と同じような形でリリースしたこともあります。1997年のその頃は、今のようにSNSも無かったので口コミでしかリリース情報が伝わらず、今でも幻のCDとされています。

 

また今年の12月23日には復活して以来、3度目にあたるAIR JAM2016が福岡で開催されます!新曲をチェックして行ってみたいものですね!

 

Hi-STANDARD公式サイト↓↓

http://www.hi-standard.jp/index_pc.php

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です