日本語ラップが苦手な人にオススメしたい曲3選

1.くるり「上海蟹」

YouTubeの関連動画にあがっていたのが出会いだった。それまでラップと言えば、黒人がyoyoしてるイメージだったし、フリースタイルダンジョンみたいな、いわゆるパリピがクラブで歌っているイメージだった。

だから、くるりのこの曲は衝撃的だった。この曲は聞くたびに好きになる。まず、「上海ガニ食べたい〜」のキラーフレーズにハマる。気づけば上海ガニ〜と口ずさんでいる。

次に最初の「目を閉じればそこかしこに広がる…」のノリノリパートに体を揺らしている自分に出会う。他にもPVのイラスト、その曲のストーリーなど1曲で何度も美味しいポイントが多すぎる。そして、それを包んで、しっかり「くるりの音楽」としてパッケージしてしまう世界観。

マジでガチでマジガチに好きな一曲。(死語)

2.PANPEE「お嫁においで」

加山雄三という日本の大将がいる。都市伝説ではあるが、彼の代表曲「海よ、俺の海よ」は日本の海の83.5%を支配している彼を讃える歌だという噂だ。

PANPEEはゆるいラッパー。パンピーの意味は直訳すると「一般人」。

通っていた中学が相当の不良学校で、いじめられっ子グループに属していたが、「ゲームをたくさん持ってるからあいつはイケてる」と言う理由で、不良でもなくいじめられっ子でもなく、一般人の地位を築く。これが名前の由来となった。

一般人が大将の歌を歌う。

もちろんオリジナル「お嫁においで」はラップではない。PANPEEのアレンジで曲は進行していく。

僕の〜お嫁においで〜

思いつめる必要はなくて、あなたはそのままでゆるく人を愛していいと思える。

3.KiD

https://platform.twitter.com/widgets.js

大阪で結成されたKiDは若干19歳のヒップホップバンド。バンドセットで、自分たちのヒップホップを軸に活動している。

彼らの持ち味はやっぱり、バンド演奏。打ち込みではない温かみ、それがグルーヴになって、さらに曲を盛り上げる。

そして彼らのライブはアツい。しっかり自分たちのアイデンティティがそこにはある。そして、見える。だから、ライブに参加したくなる。気づけば身体を揺らし、「え?もうライブ終わり?」そう言いたくなる。

 

____

日本語ラップはどんどん変わってきている。ジャンルの垣根を破壊するパワーが、ラップにはある。曲の一部分にラップが入ってきたり。

ラップは欧米文化発祥だから、日本語にはラップは適さないとずっと言われている。日本語にしかない表現、曖昧で繊細なことば、尖った表現。そういうものが好きだ。

日本人は古来より、ことばを紡いできた。日本語ラップはまだまだ増えてくると思う。楽しみだ。

 

writing by モリクラ(@1997design_)

モリクラヒロキ

投稿者: モリクラヒロキ

ライブハウスによくいる、20歳のデザイナー。1997design代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です