2000年生まれのライブキッズちょっと来い。

昔、ライブハウスでデザイナーとして働いていた。高校生のコピーバンドも多くて、毎年毎年、年齢を聞いては「年取ったなぁ」と呟くことが恒例だった。

それを何回か繰り返したある年。高校一年生の新入生歓迎ライブが行われた。ライブ終演後、ドリンクカウンターをはさんで高校生数人と話した。

「新入生って何歳だっけ」

「16歳です!」

「年取ったなぁ。3つ下だもんねぇ」

「てことは、何年生まれ?」

「2000年生まれです!」

……。

に、2000年生まれ。僕が生まれたのは1997年の8月。大人の人たちは、2000年とあんまし変わんねぇよと思うかもしれない。だけど、違う。和田アキ子と矢田亜希子くらい違う。

和田アキ子

矢田亜希子

もちろん、聴く音楽だって違う。3年違うとかなり変わる。だって、僕が一番音楽を聴いていたのが中学3年生のときだから、彼・彼女たちはまだ小学生。今の高校生は1年〜3年までが、2000年以降に生まれた世代。

ヤバT、フォーリミ、マイヘア、Hump Back…

今の時代、色んな良いバンドがいるが、今回は2000年生まれの学生たちに向けて、1997年生まれのど直球ストレートなバンドを紹介したい。

1.The Mirraz


ラジオで流れてきた、”36度5分の思い出を単純な言葉で伝えとこう”という冒頭の歌詞。一気に引き込まれて、サビでガツンとやられる。一度聞いたら忘れられないキャッチーさと、等身大を歌う歌詞が魅力。

2.THE SALOVERS

今は「2」というバンドになった、古舘くんのバンド。まだ未確認フェスが閃光ライオットだったときのファイナリスト。自分の好きなように、好きな歌い方で、好きな人のために歌うことってカッコいい。

3.andymori

「AL」という音楽ユニットでも活動している、小山田壮平のバンド。このバンドに憧れて、スリーピースバンドをしたいと思った。こんな歌詞を書きたいと思って、自分で歌を作ってみたりした。カッコなんてつけなくていい。andymoriから感じるのは10代の純粋で、真っ直ぐで、壊れそうな感情。

4.毛皮のマリーズ

日本のカリスマ、志磨遼平が結成したバンド。”愛も平和も欲しくないよ、だって君にしか興味ないもん” 大好きな歌詞だ。今は「ドレスコーズ」というバンドでも活動中。どちらも良い。

5.SISTER JET

SISTER JETはまず声が良い。優しくてメロウ。そこにパンキッシュな歌詞を載せて歌う。ライブで聴くと、これまた違った表情を見せるバンド。ラブコメは彼女が出来たら、家で一緒にいるときにかけたい。「なんてバンド?」「SISTER JETだよ」「へーいいね」そんな日常を思わず夢見てしまう。他の曲もドラマチックだから聴いて欲しい。

 

まだ活動しているバンドもあるので是非観に行って欲しい。好きな音楽が多いほど、人生は豊かですよ。

writer : モリクラ(1997desigh_)

モリクラヒロキ

投稿者: モリクラヒロキ

ライブハウスによくいる、20歳のデザイナー。1997design代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です