オトノウラガワ vol.2 【イナギタケシ de fuwafuwa】

アーティストが楽曲やライブにかける”ウラガワ”に迫る企画、『オトノウラガワ』第2回のアーティストは、、、

独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループ、

イナギタケシ de fuwafuwa

のみなさんです!

 

まずはメンバーの紹介から

イナギタケシVo.

岡田賢Gt.

なつみゆずKey.

西村ザビエル悟志Per.

そんな彼らの”ウラガワ”に今回は迫ってみた。

オ:オンガクインタビュアー

イ:イナギタケシ de fuwafuwa

 

オ:それではまずはじめに簡単に自己紹介をお願いしてもよろしいですか?

イ:「三軒茶屋の怪人」とも呼ばれる独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループです。

 

オ:すごいキャラの濃いひとたちだ、、、

オ:それでは、ライブで大切にしていることはありますか?

ライブについて:観に来てくれた人々が、心の底から思い切り楽しくなれるようなライブにしたいと思っています。メンバーとお客さんとで、あたたかい家族や友達同士のような雰囲気を作ることも大切にしています。

 

オ:(予想外の答えがきた、でも、すごい素敵!!)

オ:今後の目標はなんですか?

イ:まずは、できるだけ多くの人々に知っていただけるように、ライブを積み重ねてゆきたいです。地域の人々と触れ合えるようなステージなどにも出てみたいです。いつかは、大きめのフェスなどにも出られるようになるのが夢です。

オ:めちゃ堅実だし、それが形になっていってるのがすごいですね!

オ:では、このグループの特徴を教えてください!

イ:今風、や、万人受けする、という感覚とは無縁の、豪快で自由、そして、唯一無二のイナギタケシの個性と、実力派のメンバーたちとのユーモラスな掛け合いに、「今までこんなの見たことない!」という気持ちになっていただけると思います。MVでは、メンバーたちが役になりきって、意外な(!)演技力も発揮していますので是非ご覧ください。

オ:確かにMVも拝見しましたが、すごい世界観で吸い込まれる感覚でした。中毒性ありますね!笑

(参照 あそこがファイヤー – イナギタケシ de fuwafuwa)

 

オ:ライブやリリースの情報はありますか?

イ:はい。8月5日(日)には、 下北沢Lagunaにて、『 Laguna 10th anniversary イナギタケシ de fuwafuwa presents あそこがファイヤー vol.9』 を開催します。 イナギタケシ de fuwafuwa 1st mini album「笑っちゃって~Ahahahaha~」レコ発ライブですので、是非ともみなさまにお越しいただけたらなと思っております。

オ:ありがとうございました!オトノウラガワ第2回はイナギタケシ de fuwafuwaの皆さんでした!

 

イナギタケシ de fuwafuwa

HP:https://www.fuwafuwamusic.com

【オンガク部 vol.6 “ 兵庫県立大学ダンスサークル Party Jam Kids 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第6弾

 

サークル名:Party Jam Kids

所属大学:兵庫県立大学

メンバー数:男19人、女48人、合計67人

設立年:2007年

パフォーマンスジャンル:lock、break、jazzなど様々なジャンル

活動頻度:週1日〜2日

活動拠点:兵庫県立大学 環境人間キャンパス体育館

 


 

-活動内容を教えてください!

主な活動内容は、毎週木曜日に体育館ステージに集まり、基礎練習や振りおとしをして、みんなで見せ合ったりしています!

 

timeline_20161218_055946

 

-チームで大事にしていることはありますか?

みんながダンスを楽しめるアットホームな空間です!

 

-このチームに入ってよかったと思う瞬間を教えてください!

練習中でも練習外でもみんなフレンドリーでみんなと一緒いる時間が楽しくて、このチームに入ってよかったと思います!

 

timeline_20161218_055952

 

-今後の目標は何ですか?

それぞれがもっと基礎力を上げて、次のステージでは前よりも良いパフォーマンスができるようにすることです。

 

-授業やバイトで活動は大変ではありませんか?

みんなで集まってするのは週に1、2回なので、そこまで負担でもないですし、人によっては自分の好きなときに集まってダンスをしたりしているので、その点では問題ないです。

 

timeline_20161218_055945

 

-練習外でのメンバーの様子はどんな感じですか??

授業でもダンスでも頑張り屋さんが多いけど、みんな本当にノリがよくて、切り替えがしっかりしてると思います!普段キャンパスがばらばらで会えないので、メンバーで集まったときはすごい盛り上がります!

 

timeline_20161218_055943

 

ありがとうございました!!

 


【 サークル情報 】

ツイッター↓
https://mobile.twitter.com/partyjamkids

【オンガク部 vol.5 “ 同志社女子大学アイドルダンスコピーサークル Pichicart 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第5弾

・サークル公式名:Pichicart

・メンバー所属大学名:同志社女子大学

・メンバー数(男:0人 女:15人 計:15人(うち1人はマネージャー))

・設立年&月: 2014年10月

・パフォーマンスジャンル:アイドルダンスコピー

・活動頻度 :練習→週1-2程度 ステージ→月1程度

・活動拠点: 京都

・実績(出演・受賞など)
UNIDOL2015-16 winter 関西大会準優勝 東京での決勝戦へ出場
UNIDOL2016 summer 関西大会3位
BMF 出演

 


 

myhome_0
-活動内容を教えてください!
アイドルが好きな子が集まって、アイドルのコピーダンスをするサークルです!

 

-チームで大事にしていることはありますか?
自分たちも楽しんでお客さんも楽しませる、かっこよくてかわいいパフォーマンスをすることです!

 

-このチームに入ってよかったなと思う瞬間はどんな時ですか?
みんなで一つになって、大好きなアイドルの曲を踊っている時です!

 

 

myhome_2

 

-このチームの特徴を教えてください
学年や加入時期に関わらずみんな仲が良い、ユニドルに対して真剣に考えて取り組んでいるところです!

 

-授業やバイトなどもしながらでは活動は大変ではないですか?

大変です!笑
でも勉強の次にユニドルを優先するぐらいの気持ちでみんな活動しています*\(^o^)/*

 

myhome_1

 

-今までで一番嬉しかったエピソードを教えてください!

去年の冬大会で準優勝したこと
BMFで京セラドームのステージに立てたこと

 

-練習外でのメンバーの様子を教えてください。

練習後に一緒にごはんを食べに行ったり、休みの日に遊んだり、アイドルのコンサートやイベント、握手会に行くこともあります!

 

 

-最後に一言お願いします!

同志社女子大学のアイドルダンスコピーサークル、Pichicartです!アイドル好きな女子大生が集まって結成しました❤️主に48グループ、ハロプロなどの曲を踊ります!
UNIDOLというアイドルダンスコピーの全国大会の関西大会優勝、決勝戦入賞を目標に日々活動しています!
京都や関西圏での様々なイベント出演もしていますのでご依頼お待ちしております?

 

ありがとうございました!

 


 
・サークルのアカウント(Twitter・Facebookページなど)
Twitter @pichicart3

・HP URL
アメブロ http://s.ameblo.jp/pichicart3/

【オンガク女子 vol.5】兵庫県立大学 猿渡未菜さん

音楽を愛するオンガク男子/女子をご紹介するシリーズの第7弾。

 

名前:猿渡未菜

大学名:兵庫県立大学

学部:環境人間学部

回生:2回生

所属サークル:Party Jam Kids

ダンス歴:2年

ジャンル:jazzhiphop、stylehiphop

 


 

-ダンスを始めた理由は何ですか?

昔からバレエとか演劇をしたりして舞台に立って誰かに見てもらうということが好きでした。私が高校生のとき、姉が高校大学を通してダンスをしているのを見て、ダンス自体楽しそうで、またそのステージが魅力的で自分もそんなステージを作りたいなと思って始めました。

 

timeline_20161218_060041

 

-あなたにとってダンスとは?

今の生活を充実させてくれるものだと思います。ダンスを始めて、今まで体験したことのないことをたくさんできて本当によかったです!
-舞台に立つとき意識することはありますか?

やっぱりお客さんに見てもらうので、顔を上げて自信を持って踊るように心がけてます。でも、上げるだけじゃなく、表情も曲に合わせて変えて、雰囲気が出せるように意識しています。

-ダンスをしていてよかったと思う瞬間を教えてください。

ダンスを通じて、見にきてくれた方たちや他のダンサーさんと繋がりを持つことができたときです。

 


timeline_20161218_060046

 

 

-将来の夢を教えてください!

将来の夢は警察官です。ダンス自体はあんまり関係ないかもしれないですけど、ダンスを通して得られた、人と繋がることや自分を表現することの大切さを将来活かしていきたいと思います!

 

ありがとうございました!
ダンスで人とつながれるって素敵なことですよね。音楽の魅力をまた一つ知れたなと思います。

 

 

【オンガク部 vol.1 “神戸大学アカペラサークル GhannaGhanna “】 〜注目サークルインタビュー〜

 

サークル名:神戸大学アカペラサークルGhannaGhanna

所属大学:神戸大学、神戸市外大、甲南女子大など複数

メンバー数:(男:100名 女:100名 計:約200名)

設立年:1999年

活動頻度:週1~週7(人によります)

活動拠点:神戸大学キャンパス内

実績:ハモネプリーグ(フジテレビ)出場バンド多数。優勝経験あり。その他全国大会出場バンド多数。

 


 

‐サークル紹介お願いします!

私達は、声だけで音楽を表現するアカペラというものをしています!J-popはもちろん、ロック、洋楽、さらにはジャズまで全ジャンルの音楽を歌っています!趣味として歌うだけでなく、練習を頑張ってオーディションを勝ち抜けば、何千人規模の大舞台で歌えることも、、!音楽が好きな人、ぜひアカペラ始めてみませんか??

 

myhome_4

 

‐どのようなメンバーがいらっしゃいますか?

神戸大学を中心にしながらも、様々な大学の人が所属しています!高校までの音楽経験者は多くなく、音楽が好きな人、歌が好きな人で楽しく歌を歌っています!

 

‐チームで大事にしていることはありますか?

全国大会出場など、目標を高く設定して日々練習に励んでいる人もたまに気ままに歌うことを楽しんでいる人も両方が共存して、家族ように仲良く、又、充実した活動が送れることです!!

 

 

‐授業やバイトなどもしながらでは活動は大変ではないですか?

バンド単位での活動なので自分に合った活動頻度で活動できます!

 

‐今後の目標はなんですか?

Kaja!やJAMという、アカペラの全国大会に出演するバンドをサークルから輩出することです!

 

 

bmf2016-%e2%91%a2_4001

 

HP URL

http://ghanna2hp.wix.com/ghannaghanna

 

 

ありがとうございました(^^)注目サークルインタビュー第一弾でした!

GhannaGhannaさんは7月31日に京セラドームで行いましたBuffaloes Music Festival にも出演いただきました!そのレポート記事も上がっておりますのでぜひご覧くださいね!

 

あの!BsStageを学生団体UMFが初プロデュース!?

 

【Buffaloes Music Festival レポートをお届け!!】

 

【オンガク男子vol.2】神戸大学 上田翔也くん

 

次回のサークルインタビューもお楽しみに!

 

【Buffaloes Music Festival レポートをお届け!!】

オリックス・バファローズの夏のビッグイベント「Bs夏の陣」。7月31日の野球試合後にBsGirlsと大学生による音楽フェス「 Buffaloes Music Festival 2016 」 を開催いたしました。今回はこのフェスを写真と出演者様からの感想とともに振り返ります。

【みんなマウンドに集まれ~!】

オリックスバファローズ最高のサヨナラタイムリー勝ち越しに京セラドーム大阪のボルテージは最高潮!興奮が冷めない中BMFの準備が進められていきました。

 

img_7078

あっという間にステージが完成!

 

 

img_7079

 

マウンドが開放されるとお客様がぞくぞくと足を運んでくださり記念撮影をしてみたり寝っ転がってみたり…開演までの時間を全力で楽しんでくださいました!

一番前にはキッズスペースもありどの世代の方も楽しんでいただけるように工夫されています!

 

 

BMFスタート!】

 

まずオープニングを飾ったのはBsgirlsさん!お客様もオリックスファンの方が多いだけあって口ずさんだりコールしたりと大盛り上がり!

 

そしてここからが大注目の学生サークルのパフォーマンス!

トップバッターは主にkpopのコピーダンスをしているJe veux dansant(ジュヴダンサン)さん!

 

img_7313 img_7517

 

「去年に引き続き出演させていただきありがとうございます!大きなステージで、スクリーンにアップで映し出され、普段とは全然違う雰囲気なのでとても緊張しましたが、お客さんのご声援のおかげで練習の成果を発揮することができたように思います!見てくださった方と一緒に楽しむことができたことがとても嬉しく、充実した時間になりました!ありがとうございました(^^)」

と感想をいただきました!素敵な衣装にキレのあるダンス!たまにこぼれる可愛すぎる笑顔にスタッフもお客様もメロメロでした!♡

 

 

そして続いては神戸大学アカペラサークルのGhannaGhannaさん!

 

img_7581 bmf2016_7959

「1000人規模の観客の前で歌う事は初めての経験だったので、とても緊張しましたが、少しでもアカペラに触れてもらえたので良かったです!興味を持った人は、ぜひyoutubeなどで聴いてみてください(^^)」

と感想をいただきました!

なんと総勢50名以上という大人数のご出演で迫力満点!素敵な音色がドームに響き渡りました。ほんとに声だけなの!?と子供たちも興味深々でしたね♪

 

 

 

MCなどを挟んだ後は

AKB48などアイドルグループのコピーをされている同志社女子大学のPichicartさん!

img_7764

img_7842

 

「本物のアイドルでも中々立てない京セラドームというステージに立たせていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!観てくださった皆様、コールや手拍子、恋チュンを一緒に踊って下さった皆様、イベント全体を支えてくださったUMFスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!」と感想もいただきました!

広い広いドームですがしっかりお客様の声援も届いていたみたいですね!会場にいるみんなで振り付けを踊ったりして一体感が素敵でした!

 

 

そしてトリを飾ったのはもちろんBs girlsさん!

新曲の「Go up!」やタオルをみんなで回す「Steady Go!」で最高の盛り上がりでした!ステージを降りてお客様の目の前でもパフォーマンスしていただきました!!

Bs girlsのみなさんもとても楽しんでパフォーマンスされていました。その楽しさが会場全体に広がってお客様はもちろん出演されていた学生パフォーマーの方もノリノリで楽しむことができましたね♪

 

img_8307

 

その後は恋するフォーチュンクッキーとBs girlsさんの「sky」を出演者さん、スタッフ、お客様みんなで踊りました!!みんなで踊ったり歌ったりするのって本当に楽しくってあっという間でした。

 

 

【さらに!!】

そのステージ横では学生アーティストの皆さんが作品展示やライブペイントが行われていました。

学生アーティストとは普段は学校に通う傍ら、フリーランスで仕事を受けていたり、クラブイベントでのライブペイント、創作活動、それぞれの活動は多岐にわたり創作活動をしている人の集まりです!

 

img_8151

 

ライブペイントは今回参加した学生アーティストの3人で何か描こうというノリのセッションだったそうです!

作品展示は、メンバーの方が日頃より撮りためた写真をPhotoshopで百枚前後合成し、レタッチや陰影など様々な技巧を凝らして創る幻想的な風景画を展示されていました。

 

img_8339

「このフェスは、ジャンルレスに大勢の人と最高の空間をシェアできる楽しさがありました。様々な年齢層の人にふれあえて、その方々の笑顔や楽しんでいる姿をみてこちらも元気づけられました。それとスタッフさんも皆さん親身で丁寧で最高でした!!(笑)」と感想をいただきました。

私たちも素敵な作品が完成していくのをわくわくしながら見ていましたがまさか即興のセッションだったなんて…驚きました。(笑)

 

 

【終演後は…】

BMFが終わりお客様をお見送りする際うれしい言葉と笑顔を沢山いただきました。スタッフ一同とにかく感動していました。

またステージの余韻に浸ったり他のグループの方と交流したり記念写真を撮ったり・・・最後まで楽しいイベントとなりました。

 

img_8431

最後にみんなではいチーズ!!

img_8454

 

Bs girlsさんからメッセージもいただきました!ありがとうございました!

 

 

いかがだったでしょうか?

Buffaloes Music Festival 2016 の当日の雰囲気や一体感が少しでも伝わっていれば幸いです(^^)

よろしければ同日BsStageで行われたUMF企画学生ステージのレポートもございますのでご覧くださいね↓

「リンク」

http://ongacu.com/?p=2877

 

 

【各出演学生サークルの情報はこちらから】

 

[ Je veux dansant ]

Twitter→@je_veux_d

 

[ GhannaGhanna ]

Twitter→@ghannaofficial

 

[ Pichicart ]

Twitter→@pichicart3

 

[ 学生アーティスト ]

Instagram→ puccyohenz

taishu_1021

kantoos_lifestyle

 

 

 

【オンガク女子vol.2】関西学院大学 辰巳沙織 さん

音楽を愛するオンガク男子/女子をご紹介するシリーズの第2弾。

【基本プロフィール】

辰巳沙織

関西学院大学 文学部 3回生

k-popコピーダンスサークル Je veux dansant所属

 


 

-ダンスを始めたきっかけはなんですか?

元々吹奏楽部で、舞台に立つことや、観に来てくれた人達が喜ぶ顔を見るのが好きでした。大学に入って何か新しいことを始めたいと思っていた時、友達に誘われてダンスの公演を見に行きました。そこで踊っている人達がすごくきらきらしていて、私もやってみたいと思ったのがきっかけです。

 

S__8241370

 

 

-舞台に立つ時に意識していることはありますか?

当たり前かもしれませんが、自信をもって踊ることです。私のサークルではコピーダンスをすることが多いので、恥ずかしがって表情などが中途半端になってしまうと、ただの自己満足だと思われがちです。だからダンスも表情も、曲を踊っている本人達のようになりきって、自信を持って踊ることを意識しています。それと同時にただコピーするだけではなく、自分らしさを表現することも忘れないようにしています。

 

-音楽をしていてよかったと思う瞬間はありますか?

練習で悩む時もありますが、本番、皆で踊っている時は本当に楽しいです。それと本番が終わってから、見に来てくれた人達が、良かったよ!とか、元気をもらえたよと言ってくれる時は本当に頑張って良かったなと思います。

 

S__8241368

 

‐おすすめの曲を教えてください!

現在練習中のSay my nameという曲です。かっこよくセクシーで、でも少し切ない感じの曲なので、その雰囲気を出せるように皆で頑張っています。

 

-音楽・パフォーマンスへのこだわりはありますか?

一番大事にしているのは表情です。笑顔ってすごく素敵ですよね。でもたまに見せるクールに決めた表情や、女性らしいセクシーな表情もとても魅力的だと思います。私はそういったいろんな表情を見てもらいたいので、曲によって表情を変えて、ギャップを楽しんでもらえるように工夫しています。
それと曲を口ずさみながら踊ることで、一曲の中でも豊かな表情で踊れるようにしています。

 

S__8241373

 


 

・イベント紹介

【 関西学院大学 大学祭 】
①11月4日 KGアワード2016
②11月5日 10:00〜 上ヶ原公演
③11月13日 13:00〜 聖和公演
②は上ヶ原キャンパスの中央芝生ステージで踊ります!是非見に来てください(*^^*)

・Je veux dansantのアカウント  Twitter → @je_veux_d

・個人のアカウント Twitter → @mckg2016_No6

ミスキャンパス関西学院2016ファイナリストとして活動させて頂いてます。よかったら応援よろしくお願いします(*^^*)

 

 

インタビューご協力ありがとうございました。みなさん、ぜひ、11月の学園祭に足を運んで素敵なステージをご覧になってください!

 

 

【オンガク男子vol.2】神戸大学 上田翔也くん

音楽を愛するオンガク男子/女子をご紹介するシリーズの第2弾。

 

 

【基本プロフィール】

上田翔也

神戸大学 理学部化学科 3回生

アカペラサークル GhannaGhanna 所属

 

 


 

-音楽を始めたきっかけはなんですか?

本格的に音楽を始めたのは『ハモネプ』の影響ですね。学生アカペラーの選ばれた人たちの演奏を見て「私も大学に入ったらアカペラをしたい」と中学生ながらに思いました。実は、大学を選ぶ決め手となったのも神戸大学に有名なアカペラサークルがあったからなんです(笑)

 

-音楽をしていて良かったと思う瞬間はどんな時ですか?

普段4〜6人で演奏するアカペラで、演奏中他のメンバーとシンクロする時があるんです。(あくまで感覚ですが(笑))  複数人で歌っているはずが、全員で1人の演奏者のように感じる時が1番幸せですかね。その為にも日々「意識を1つにすること」を心がけています。

 

myhome_0

 

-音楽・パフォーマンスへのこだわりを教えてください。

音楽が好きという気持ちは忘れないようにしています。私がこだわっているのは「人との繋がり」をアカペラを通して伝えることです。楽器を使わず、声だけで1つの音楽を作るのは、ただ歌が上手いだけではできません。全員の声を1つにすること、これを普段から心がけています。

 

myhome_2

 

 

-将来の夢はなんですか?

高校の先生です。中学生の頃ヤンチャしていた時期がありまして(笑)。それをちゃんと叱ってくれた先生を見て、「自分もこんな人の心を動かせる先生になりたい」と思ったのがきっかけですね。まだ、どこで職に就くかわからないですが、もし神戸近辺に残るならアカペラに少しは関わっていきたいです。

 

 

IMG_5777

 

 

インタビューのご協力ありがとうございました!

上田さんのアカペラに対する想い、素敵な人柄がとても魅力的でした♪

 

神戸大学アカペラサークル GhannaGhanna

ホームページ→ https://t.co/cWg0w4iQ8N

 

 

オトノウラガワ vol.1 【Silentone】

大学を飛び出して学校の外で音楽活動を行う大学生に直接インタビュー!
YoutubeやLIVEだけでは伝わらない制作秘話や様々な思いをお届けします。

記念すべき第1号は全員が同じ学校、同じ年のSilentoneさん。現在京都を中心に活動中の5ピースバンド。力強いメロディの中にピアノサウンドを織り交ぜたピアノロックと激しくも優しいボーカルの声が魅力である。初めてにも関わらず一人一人の思いや曲に込めた気持などを熱く語って頂きました。

 

Silentone

京都産業大学2回生

森下 景太 さん (Vo 

坂本 聖生 さん Gt.

海老名 秀斗 さん (Ba.

上原 亮 さん (Key.

沢 昌平 さん (Dr.

S__248135685

 

 

【バンドの良さとは?】

Key)演奏してるのが楽しい。弾いてるのがたのしい。一人でやるのとは違う。
Gt)いっぱいおった方が楽しい!
Dr)みんなで作る感じが楽しいちゃうん?一人で淡々とやるより
Gt)そうそう。
Ba)僕は聞きなれてる音楽がバンドサウンドなのでそれしかないなって感じ
Dr)あぁ一緒な感じですね。色々聞いて感動とかもらったりするんですけどやっぱり1番バンドの音楽から貰うことが多かったのでやっぱり自分がやってみたいなぁと思ったのも必然とそうなりましたね。

【どんな歌詞が多いですか?】

Vo)んーなんか“みんなでやろう”みたいな(笑)あれちょっと可愛かったかな。なんか小学生みたいやな。自分がこう進むならみんなと一緒に進みたいなぁみたいな??んーなんていうんやろな。
Dr)前向きな歌詞がおおいですね。自分らの曲には。

 

【将来的にどうなりたい?】

Dr)ものすごく広いところでやりたい。もう、それこそ武道館とか。
Key)やれたらいいね。
Ba)あとは彼女〔彼女in the display〕と対バンぐらいなやな。
Key)せやな。

 

【あなたの担当楽器ならではの難しさとは?】

Gt)全て・・・ですね。周りの音を聞いて自分の指を合わせる。それは・・・もうなんかやばいですね。合わせること、ぴったり合わせることが僕は苦手ですかね。ギターはやっぱ僕にとって難しいですね。

Ba)奏法がピックじゃまずないって所からやと思うんですけど、僕は弾くときにピックは絶対使わんって決めてるんです。ベースを選んだ理由が指で弾けるからで、ベースは直接フィジカルに触れられるから直接自分の体で伝えられるかなって。ピックじゃないから指1本で抑えられるので他の楽器より動きやすいですしね。

Key)一番雰囲気を出せるのがキーボードだと思っててその雰囲気を出すのが難しいですね静かに優しくなる所とか・・?抑揚ですかね。ピアノ1本になったらピアノだけの空気作り。そういう所が難しいですね。

Dr)最初僕がドラムを始めた理由がかっこいいとかじゃなくて、前で弾くっていうのがめっちゃ恥ずかしかったんからなんで。なんでドラムは一番後ろにいるので目立たんと思って始めたんですけど、バンドってドラムがほんまに肝やと思ってて僕は。ドラムがかっこ悪かったらどんなにベースとかギターとかがかっこよくても8割ダサいと思ってて。逆にドラマーがしっかりしてたらみんなノっていけるし、すごいいいバンドに見えると思うんですよ。それが難しい所でもあるし、最高にかっこいい所でもあると思います。

Vo)ボーカルとしてはいっちゃん前に立つわけで、僕自身がいいパフォーマンス出来たらバンドはいい評価されるかもしれんけど、逆に自分がダサい事しとったら「あのバンド、ださいなぁ」みたいな。自分がバンドの顔やと思ってるんで。生かすも殺すも自分次第って所ですね。演奏してない時も気は緩められないし、自分は歌ってないけど自分はバンドの顔だから・・・とか?歌ってない時の方が難しいですね。

S__248135686

 

 

 

 

 

 

 

 

【尊敬するアーティストさんは?】

Dr)即答でONEOKROCK。みんなが同じ方向を向いて音楽をしてる所がすごい。

Vo)僕、UVER(UVERworld)。誰一人かけることなくみたいな感じが好きですね。この前までサポートでしてた人をメンバーにしたりとかってゆうエピソードを聞いて。

Ba)僕完全にThe mus mus。僕はその人を見て初めてパフォーマンスに意識がいったというか、テクニックだけじゃなくてシンプルに見た感じがかっこいいっていう。そういうベースの感じがいいなって。動き方から髪色も完全リスペクトしてますね。

Gt)やっぱバンドだったらONEOKROCK。ボーカルがやっぱ1番僕が重視したいところで。ギターでも、歌を邪魔したくないですね。一人一人の意識が高いし、人気になる理由が分かるから。もうシンプルに好きですね。好きに理由はないです(笑)

Key)RADWINPSの野田洋次郎さんの歌詞がいい。アーティスト像がめっちゃかっこいい。どこら辺て聞かれると難しいけど、フィクションの曲が『遠恋』って曲しかなくて、すごい経験してきてはるなって、よくそんな言葉出てくるなって思う。野田さんの考えが凄い好き。

 

【オリジナル曲 isolation ってどんな曲ですか?】

Vo)やっぱシンプルに最初の曲ってゆーのでどの曲よりもやってて、多分みんなもそうなんですけど、いっちゃん楽しいじゃないけど、感情乗るかな。自分たちで作った初めての曲やし。
Ba)初めての曲って割とボコボコな曲があったりすると思うんですけど、これはメロディもちゃんとしてるし構成もちゃんとしてるし。初めてなのにいい感じなのが出来たなと。一番合わせてるのも長いのでそれが音に出ててるかなって。
Dr)ほんとちょっとしたポイントなんですけど、全員の味っていうか、いい所を出せた曲じゃないかなって思います。

 

【お客さんに向けて伝えたい事】

Vo)僕あんまネガティブ思考じゃないんで、こういう考え方もあるんじゃない?みたいな提案とかそこまで悩むことでもないやん?っていう感じで、他の人にもそんな悩みこんでほしくないってゆーのを音楽で出せてたらなと。
Dr)自分が悩んでた時とか元気ない時に聞いて元気もらえるような、人のマイナスな面とプラスな面が合わさったような歌とか作っていきたいですね。最終的にはとりあえず歌を聴いてほしいですね。
Ba)仲がいいのもあって俺たちはこんなに楽しんでるよってゆーのを見てほしいですね。バンドをよく知らない人だからこそ聞きやすいと思う。ケツメイシチックな。
Key)僕自身がメタルとかコア系が好きなんですけど、コア系が苦手な人が重たいサウンドに慣れてもらう課程としてコアが好きな人が増えたらいいなって思います。

 


 

取材をしている上で、5人全員が観客の誰よりも音を楽しんでいる。一人一人がお互いを信頼し、尊敬しあっている気持ちが曲や言葉にまっすぐ出ているバンドだった。だからこそ、まだまだ至らない点は多くあるとインタビューで語られていたが、そこが彼らの良さであり期待値だろう。バンド以外でも共通点が多いからこそ繰り出されるチームワークから生まれるメロディ・歌詞をぜひライブハウスで聞いてほしい。現在1stデモがLIVE会場にて300円で配布されているので気になった方は是非手に取ってみてはいかがだろうか?