【オンガク部 vol.7 “北海道文教大学 よさこいサークル 陽燕 “】 〜注目サークルインタビュー〜

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第7弾。


サークル名: 北海道文教大学~陽燕~

所属大学 :北海道文教大学

メンバー数:(男:15人 女:47人 計:62人)

パフォーマンスジャンル: よさこい

活動頻度: 週3を基本として、本祭前は増えます!

活動場所: 道内を拠点としてます

実績 :YOSAKOIソーランちとせトーナメント会場賞を受賞。

第25回YOSAKOIソーラン祭り 優秀賞受賞。


-活動内容を教えてください!

基礎練を中心にアップをして、踊り尽くしてます!

-チームで大事にしていることはありますか?

元気と笑顔が私たち陽燕の取り柄でもあり、モットーなので私たち自身が純粋にYOSAKOIを楽しんでいます。


-このチームに入ってよかったなと思う瞬間はどんな時ですか?

みんな声を揃えて 友達が増えた と話しています。学生時代は貴重なので、一緒に青春を過ごした仲間は大切だとつくづく思いました。
-今後の目標は何ですか?

目標であったファイナルステージ出場を去年果たすことができましたが、今年ももう一度あの景色をみに全員で全力で挑みたいと思っています。


– 一言どうぞ!!

こんにちは!北海道文教大学~陽燕~です!
私たちは道内を拠点として活動しています。
沢山の応援をいただき、去年は念願であったファイナルステージに出場することができました!もう一度あの景色を眺めたい思いから今年は一段と踊り子一同気合が入っております。よろしくお願いします!


陽燕さん、ありがとうございました!!

Twitterアカウント   @bunkyo_yosakoi

客だしは5分で終わる!?イベンター直伝のハケ方とは?

楽しかったなーとイベント終わりに余韻に浸っている時、スタッフの人から「会場から出てください」と出口に追いやられたり、何回も何回も「会場から出てくれ」とアナウンスされ、せっかくの余韻が冷めてしまうことありませんか?

もしくはイベントをしてる方でお客さんにそういったことをしていませんか?

過去にイベントをたくさんつくったり、出演している立場の私からするとこの手のミスは多くのイベントで見受けられます。

イベント終了後の時間はお客さんや出演者さんなどがイベントの世界観に酔える至福の時間です。また、来場者どうしで写真を撮ったり、演者さんとお客さんが会話を楽しむなど、運営にとっても様々なメリットがある時間で、イベントの中のひとつのコンテンツとも言え、

その時間を運営側の都合で邪魔をするのはイベントの価値を自分で下げているのと一緒とも言えます。

なので、今回は正しい客だし方法をお教えしたいと思います。

知ってるか知らないかで大きく変わるので、ぜひイベントの作り手の方は目を通していただけると嬉しいです。

 

(なお、今回は500人以下のホールを想定しています。)

 

 

1.客だしは5分で済む

まず、イベント運営者が一番おかしがちなミスはイベント終了後、すぐにお客さんを出そうとすることです。

これが一番の間違いであり、それがお客さんの不満や足を止める原因になっています。

正しいイベント後の進行は「何もしない」こと。

そう、お客さんに余韻を味わう時間をつくってあげるということです。

会話を楽しめるBGMをかけながら上質な時間を最後まで提供しましょう。

その際にMCさんから「ご自身のお荷物はお手持ちになってください」とアナウンスしてもらっておくとハケる時に人が動くだけでOKなので、さらに効率があがります。

あと、イベント終了前から会場前にスタッフは配置しておきましょう。

ホール前での溜まり行為は会場に大きな迷惑をかけてしまいます。(近隣にお住いの方からの苦情によりホールが閉店させられるケースもあります。)

会場前では溜らせない・騒がせないはイベンターとして徹底しましょう。

 

 

2.片付けは優先順位を間違うな

イベントが終了して片付けをしないといけないということはわかりますが、フロアや舞台上の片付けを焦ることはありません。舞台上はメインスピーカーで音を流しておいてもモニタースピーカーや楽器類、照明などは片付けていけますし、フロアに関しては経験上、15分もあれば現状復帰できる会場がほとんどです。

メインスピーカーやミキサー卓などは客だし後でも充分片付けられるので、後回しにしていても問題ありません。

それよりも主催者の荷物などを出したり、整理したりするのにかなりの時間が取られるので、お客さんが喋ってる間に搬入口などからどんどんと会場の外に荷物を出していきましょう。

主催者控室がどこよりも先に片付いているというのが理想の状態です。

 

 

3.客だしスタート

15~20分ほど話したり、写真を撮ればお客さんも十分余韻を楽しめます。

ここでようやく客だしをスタートさせます。

そのやり方は簡単で、

①会場の出入り口からいちばん離れているところ(ステージ前や2階席など)からスタッフ数名が一列に並び、そのまま出口に向かって歩いていくのみです。その途中途中で出会うひとたちに声を張らずに「ご退場お願いしま~す」と声をかけていってあげてください。その組が動き出したらまた出口に向かって歩いていく、人がいたらまた声をかける。その繰り返しで効率良くハケることができます。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%97

②もし、忘れ物や落し物などで締め切ったエリアに行きたい人がでてきたらそのひとに1人がついて用が済んだらすぐに退出をしてもらうようにしましょう。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%972

③そして、フロアから人がいなくなればフロアを締め切って、音も止め、ステージやフロアの片付けを行いましょう。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%973

④ラウンジ部分でもひとのハケ方は同様です。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%974

この方法であれば大きなホールでもすぐに人をハケさせることができるのでぜひご活用ください。

 

いかがでしたでしょうか?

一度聞くと当たり前のように感じるかもしれませんが多くのイベントでできていない現状ですので、次回のイベント時には思い出して参考にしてみてください。

素敵なイベントが増えることを心から願っています。

【オンガク部 vol.6 “ 兵庫県立大学ダンスサークル Party Jam Kids 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第6弾

 

サークル名:Party Jam Kids

所属大学:兵庫県立大学

メンバー数:男19人、女48人、合計67人

設立年:2007年

パフォーマンスジャンル:lock、break、jazzなど様々なジャンル

活動頻度:週1日〜2日

活動拠点:兵庫県立大学 環境人間キャンパス体育館

 


 

-活動内容を教えてください!

主な活動内容は、毎週木曜日に体育館ステージに集まり、基礎練習や振りおとしをして、みんなで見せ合ったりしています!

 

timeline_20161218_055946

 

-チームで大事にしていることはありますか?

みんながダンスを楽しめるアットホームな空間です!

 

-このチームに入ってよかったと思う瞬間を教えてください!

練習中でも練習外でもみんなフレンドリーでみんなと一緒いる時間が楽しくて、このチームに入ってよかったと思います!

 

timeline_20161218_055952

 

-今後の目標は何ですか?

それぞれがもっと基礎力を上げて、次のステージでは前よりも良いパフォーマンスができるようにすることです。

 

-授業やバイトで活動は大変ではありませんか?

みんなで集まってするのは週に1、2回なので、そこまで負担でもないですし、人によっては自分の好きなときに集まってダンスをしたりしているので、その点では問題ないです。

 

timeline_20161218_055945

 

-練習外でのメンバーの様子はどんな感じですか??

授業でもダンスでも頑張り屋さんが多いけど、みんな本当にノリがよくて、切り替えがしっかりしてると思います!普段キャンパスがばらばらで会えないので、メンバーで集まったときはすごい盛り上がります!

 

timeline_20161218_055943

 

ありがとうございました!!

 


【 サークル情報 】

ツイッター↓
https://mobile.twitter.com/partyjamkids

【オンガク部 vol.5 “ 同志社女子大学アイドルダンスコピーサークル Pichicart 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第5弾

・サークル公式名:Pichicart

・メンバー所属大学名:同志社女子大学

・メンバー数(男:0人 女:15人 計:15人(うち1人はマネージャー))

・設立年&月: 2014年10月

・パフォーマンスジャンル:アイドルダンスコピー

・活動頻度 :練習→週1-2程度 ステージ→月1程度

・活動拠点: 京都

・実績(出演・受賞など)
UNIDOL2015-16 winter 関西大会準優勝 東京での決勝戦へ出場
UNIDOL2016 summer 関西大会3位
BMF 出演

 


 

myhome_0
-活動内容を教えてください!
アイドルが好きな子が集まって、アイドルのコピーダンスをするサークルです!

 

-チームで大事にしていることはありますか?
自分たちも楽しんでお客さんも楽しませる、かっこよくてかわいいパフォーマンスをすることです!

 

-このチームに入ってよかったなと思う瞬間はどんな時ですか?
みんなで一つになって、大好きなアイドルの曲を踊っている時です!

 

 

myhome_2

 

-このチームの特徴を教えてください
学年や加入時期に関わらずみんな仲が良い、ユニドルに対して真剣に考えて取り組んでいるところです!

 

-授業やバイトなどもしながらでは活動は大変ではないですか?

大変です!笑
でも勉強の次にユニドルを優先するぐらいの気持ちでみんな活動しています*\(^o^)/*

 

myhome_1

 

-今までで一番嬉しかったエピソードを教えてください!

去年の冬大会で準優勝したこと
BMFで京セラドームのステージに立てたこと

 

-練習外でのメンバーの様子を教えてください。

練習後に一緒にごはんを食べに行ったり、休みの日に遊んだり、アイドルのコンサートやイベント、握手会に行くこともあります!

 

 

-最後に一言お願いします!

同志社女子大学のアイドルダンスコピーサークル、Pichicartです!アイドル好きな女子大生が集まって結成しました❤️主に48グループ、ハロプロなどの曲を踊ります!
UNIDOLというアイドルダンスコピーの全国大会の関西大会優勝、決勝戦入賞を目標に日々活動しています!
京都や関西圏での様々なイベント出演もしていますのでご依頼お待ちしております?

 

ありがとうございました!

 


 
・サークルのアカウント(Twitter・Facebookページなど)
Twitter @pichicart3

・HP URL
アメブロ http://s.ameblo.jp/pichicart3/

【オンガク女子 vol.5】兵庫県立大学 猿渡未菜さん

音楽を愛するオンガク男子/女子をご紹介するシリーズの第7弾。

 

名前:猿渡未菜

大学名:兵庫県立大学

学部:環境人間学部

回生:2回生

所属サークル:Party Jam Kids

ダンス歴:2年

ジャンル:jazzhiphop、stylehiphop

 


 

-ダンスを始めた理由は何ですか?

昔からバレエとか演劇をしたりして舞台に立って誰かに見てもらうということが好きでした。私が高校生のとき、姉が高校大学を通してダンスをしているのを見て、ダンス自体楽しそうで、またそのステージが魅力的で自分もそんなステージを作りたいなと思って始めました。

 

timeline_20161218_060041

 

-あなたにとってダンスとは?

今の生活を充実させてくれるものだと思います。ダンスを始めて、今まで体験したことのないことをたくさんできて本当によかったです!
-舞台に立つとき意識することはありますか?

やっぱりお客さんに見てもらうので、顔を上げて自信を持って踊るように心がけてます。でも、上げるだけじゃなく、表情も曲に合わせて変えて、雰囲気が出せるように意識しています。

-ダンスをしていてよかったと思う瞬間を教えてください。

ダンスを通じて、見にきてくれた方たちや他のダンサーさんと繋がりを持つことができたときです。

 


timeline_20161218_060046

 

 

-将来の夢を教えてください!

将来の夢は警察官です。ダンス自体はあんまり関係ないかもしれないですけど、ダンスを通して得られた、人と繋がることや自分を表現することの大切さを将来活かしていきたいと思います!

 

ありがとうございました!
ダンスで人とつながれるって素敵なことですよね。音楽の魅力をまた一つ知れたなと思います。

 

 

【オンガク部 vol.4 “ 大阪芸術大学 ダンスサークル 未成年 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第4弾

サークル公式名:StreetDance 未成年

所属大学:大阪芸術大学

メンバー数:男37人 女85人 計:122人

パフォーマンスジャンル:HIPHOPやROCK、POP、BREAKINなど様々なダンスジャンル

活動頻度:主に放課後(毎日)

活動拠点:大阪芸術大学 第2食堂前

実績:(出演、受賞など):
BUZZ STYLE2015、1回生コンテスト 特別賞受賞

 

 


 

 

-活動内容を教えてください!

主な活動内容は放課後に食堂に集まり、個人練習、定期的に上級生がレッスンをしたりとダンス初心者の方にも安心してサークルに参加できるような環境作りを心掛けています。

 

myhome_7

 

-チームで大事にしていることはありますか?

個性を尊重することを大事にしています。
そのため、部員みんなが本当にユニークで芸大生ならではの独特な空気感のあるダンサーが多数所属しています。

 

 

-このチームに入ってよかったなと思う瞬間はどんな時ですか?

本当に一癖も二癖もあるチームだからこそ、毎度団結するのが難しい時もあるのですが一度団結し、何かを成し遂げた時の達成感を感じる時「このチームで良かった」と改めて感じます。

 

-今後の目標は何ですか?

色々な方に未成年での活動を知ってもらうことです。

 

-このチームの特徴は何ですか?

とにかく「個性」
クセがすごい!!!(笑)

 

myhome_10

 

myhome_9

 

-授業やバイトなどもしながらでは活動は大変ではないですか?

毎日、いつでも練習可能でいつ練習するかも自分の予定に合わせられる環境なのでその点についてはご心配無用です。

 

-今までで一番うれしかったエピソードを教えてください

やはり、自分の同期と共に挑戦したBUZZ STYLE1回生コンテストで優勝こそ逃しましたが特別賞を頂けたのが本当に嬉しかったです!そこで活動をきっかけに他大学のダンスサークルにも「未成年」の存在が徐々に広がっていったのも喜ばしいことでした。

 

 

-練習外でのメンバーの様子を教えてください

とにかく芸術大学は1人1人芸術を追い求める性質上、本当に考え方も人柄もユニークなあ人ばかりでいつも練習場所では笑いが絶えないです!

 

未成年さんありがとうございました!
次回のオンガク部もお楽しみに!!

 


 

【サ―クル・イベント紹介】

2016.10/30

大阪芸術大学、学祭にて未成年Dance Battle「踊り山」が開催されます!

優勝金がなんと15,000円!!
エントリー&観覧お待ちしております。
エントリー受付↓
Sdcmiseinen_oua@yahoo.co.jp

twitter→SDCmiseinen

 

 

 

【オンガク部 vol.3 “ 近畿大学よさこいサークル 洗心 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第3弾。

サークル名:近畿大学よさこい連 洗心

所属大学:近畿大学、樟蔭女子大学、武庫川女子大学、大阪商業大学

メンバー数:男:55人 女:75人 計:130人

設立年: 2009年2月 活動頻度:毎週火、木曜日

ジャンル:よさこい

活動拠点:八戸ノ里公園 実績(最近3年):
2014年
おどるんや~紀州よさこい祭り~ 『高知よさこい振興会賞』 にっぽんど真ん中祭り 『敢闘賞』
こいや祭り 『優秀賞 』
2015年
おどるんや~紀州よさこい~ 『高知市長賞』 安濃津よさこい『奨励賞 』
2016年
大阪ベイエリア祭worldあぽろん『ATCアイラブ南港賞 』


 

-活動内容を教えてください!

『よさこい』というジャンルの創作ダンスをしています。

振りや、衣装案、曲案、道具類など全て自分たちでつくります。

 

-どのようなメンバーがいらっしゃいますか??

個性的なメンバー揃いです!

おじさんキャラ、おねぇキャラ、何をしても笑いをとる『おもしろい人』もい ます!

myhome_4

 

-チームで大事にしていることはありますか??

チャーリー7カ条というものがあります!

●ゴミを持ち帰る
●集合は素早く密に
●話を「聴く」
●レスポンスを増やす
●リーダーに協力
●あいさつを元気よく
●1人1人が目的と目標をもつ

です!

 

-このチームに入ってよかったなと思う瞬間はどんな時ですか?

お祭りで演舞している時です!サークルメンバーと全国各地のお祭りに参加し、
みんなで声を出し一体となっている時が一番が楽しいです。

 

myhome_0

 

-今後の目標を教えてください! 『こいや大賞』をとることです!!

毎年9月に大阪で開かれる『こいや祭り』という祭りで“大賞(=全ての 参加チームの中で一番)”を目指して練習しています。

 

-練習外でのメンバーの様子はいかがですか?

日焼けしている普通の大学生です。 夏休みのほとんどを太陽の下で練習するので、ものすごく日焼けします。洗心メンバーはプライベートでも仲良しです!タコ焼きを焼いたり、みんなで鍋をつついたり、スポッチャに行ったりカラオ ケ大会をしたり。 練習外でも思い出はたくさんあります!

 

myhome_1

 

-告知やメッセージなどございましたらお願いします!

“楽しませる前に楽しむ 感動させる前に感動する”をチームコンセプトに、全国 各地のお祭りやイベントに参加し、私たちの元気やパワーを届けています!

イベント出演のご依頼も受け付けておりますので、下記のGmailまたはTwitterのDMにてお願いします。

みなさんが想像するよさこいとは何でしょう?? 私たちの『声』『笑顔』そして『勢い』を、是非ともみなさんの体で感じでください!


 

【洗心さんの最新情報やお問い合わせはこちらから!】

Twitter @senshin_zenshin

Gmail senshinzenshin@gmail.com

【オンガク部 vol.1 “神戸大学アカペラサークル GhannaGhanna “】 〜注目サークルインタビュー〜

 

サークル名:神戸大学アカペラサークルGhannaGhanna

所属大学:神戸大学、神戸市外大、甲南女子大など複数

メンバー数:(男:100名 女:100名 計:約200名)

設立年:1999年

活動頻度:週1~週7(人によります)

活動拠点:神戸大学キャンパス内

実績:ハモネプリーグ(フジテレビ)出場バンド多数。優勝経験あり。その他全国大会出場バンド多数。

 


 

‐サークル紹介お願いします!

私達は、声だけで音楽を表現するアカペラというものをしています!J-popはもちろん、ロック、洋楽、さらにはジャズまで全ジャンルの音楽を歌っています!趣味として歌うだけでなく、練習を頑張ってオーディションを勝ち抜けば、何千人規模の大舞台で歌えることも、、!音楽が好きな人、ぜひアカペラ始めてみませんか??

 

myhome_4

 

‐どのようなメンバーがいらっしゃいますか?

神戸大学を中心にしながらも、様々な大学の人が所属しています!高校までの音楽経験者は多くなく、音楽が好きな人、歌が好きな人で楽しく歌を歌っています!

 

‐チームで大事にしていることはありますか?

全国大会出場など、目標を高く設定して日々練習に励んでいる人もたまに気ままに歌うことを楽しんでいる人も両方が共存して、家族ように仲良く、又、充実した活動が送れることです!!

 

 

‐授業やバイトなどもしながらでは活動は大変ではないですか?

バンド単位での活動なので自分に合った活動頻度で活動できます!

 

‐今後の目標はなんですか?

Kaja!やJAMという、アカペラの全国大会に出演するバンドをサークルから輩出することです!

 

 

bmf2016-%e2%91%a2_4001

 

HP URL

http://ghanna2hp.wix.com/ghannaghanna

 

 

ありがとうございました(^^)注目サークルインタビュー第一弾でした!

GhannaGhannaさんは7月31日に京セラドームで行いましたBuffaloes Music Festival にも出演いただきました!そのレポート記事も上がっておりますのでぜひご覧くださいね!

 

あの!BsStageを学生団体UMFが初プロデュース!?

 

【Buffaloes Music Festival レポートをお届け!!】

 

【オンガク男子vol.2】神戸大学 上田翔也くん

 

次回のサークルインタビューもお楽しみに!

 

【オンガク男子vol.2】神戸大学 上田翔也くん

音楽を愛するオンガク男子/女子をご紹介するシリーズの第2弾。

 

 

【基本プロフィール】

上田翔也

神戸大学 理学部化学科 3回生

アカペラサークル GhannaGhanna 所属

 

 


 

-音楽を始めたきっかけはなんですか?

本格的に音楽を始めたのは『ハモネプ』の影響ですね。学生アカペラーの選ばれた人たちの演奏を見て「私も大学に入ったらアカペラをしたい」と中学生ながらに思いました。実は、大学を選ぶ決め手となったのも神戸大学に有名なアカペラサークルがあったからなんです(笑)

 

-音楽をしていて良かったと思う瞬間はどんな時ですか?

普段4〜6人で演奏するアカペラで、演奏中他のメンバーとシンクロする時があるんです。(あくまで感覚ですが(笑))  複数人で歌っているはずが、全員で1人の演奏者のように感じる時が1番幸せですかね。その為にも日々「意識を1つにすること」を心がけています。

 

myhome_0

 

-音楽・パフォーマンスへのこだわりを教えてください。

音楽が好きという気持ちは忘れないようにしています。私がこだわっているのは「人との繋がり」をアカペラを通して伝えることです。楽器を使わず、声だけで1つの音楽を作るのは、ただ歌が上手いだけではできません。全員の声を1つにすること、これを普段から心がけています。

 

myhome_2

 

 

-将来の夢はなんですか?

高校の先生です。中学生の頃ヤンチャしていた時期がありまして(笑)。それをちゃんと叱ってくれた先生を見て、「自分もこんな人の心を動かせる先生になりたい」と思ったのがきっかけですね。まだ、どこで職に就くかわからないですが、もし神戸近辺に残るならアカペラに少しは関わっていきたいです。

 

 

IMG_5777

 

 

インタビューのご協力ありがとうございました!

上田さんのアカペラに対する想い、素敵な人柄がとても魅力的でした♪

 

神戸大学アカペラサークル GhannaGhanna

ホームページ→ https://t.co/cWg0w4iQ8N