客だしは5分で終わる!?イベンター直伝のハケ方とは?

楽しかったなーとイベント終わりに余韻に浸っている時、スタッフの人から「会場から出てください」と出口に追いやられたり、何回も何回も「会場から出てくれ」とアナウンスされ、せっかくの余韻が冷めてしまうことありませんか?

もしくはイベントをしてる方でお客さんにそういったことをしていませんか?

過去にイベントをたくさんつくったり、出演している立場の私からするとこの手のミスは多くのイベントで見受けられます。

イベント終了後の時間はお客さんや出演者さんなどがイベントの世界観に酔える至福の時間です。また、来場者どうしで写真を撮ったり、演者さんとお客さんが会話を楽しむなど、運営にとっても様々なメリットがある時間で、イベントの中のひとつのコンテンツとも言え、

その時間を運営側の都合で邪魔をするのはイベントの価値を自分で下げているのと一緒とも言えます。

なので、今回は正しい客だし方法をお教えしたいと思います。

知ってるか知らないかで大きく変わるので、ぜひイベントの作り手の方は目を通していただけると嬉しいです。

 

(なお、今回は500人以下のホールを想定しています。)

 

 

1.客だしは5分で済む

まず、イベント運営者が一番おかしがちなミスはイベント終了後、すぐにお客さんを出そうとすることです。

これが一番の間違いであり、それがお客さんの不満や足を止める原因になっています。

正しいイベント後の進行は「何もしない」こと。

そう、お客さんに余韻を味わう時間をつくってあげるということです。

会話を楽しめるBGMをかけながら上質な時間を最後まで提供しましょう。

その際にMCさんから「ご自身のお荷物はお手持ちになってください」とアナウンスしてもらっておくとハケる時に人が動くだけでOKなので、さらに効率があがります。

あと、イベント終了前から会場前にスタッフは配置しておきましょう。

ホール前での溜まり行為は会場に大きな迷惑をかけてしまいます。(近隣にお住いの方からの苦情によりホールが閉店させられるケースもあります。)

会場前では溜らせない・騒がせないはイベンターとして徹底しましょう。

 

 

2.片付けは優先順位を間違うな

イベントが終了して片付けをしないといけないということはわかりますが、フロアや舞台上の片付けを焦ることはありません。舞台上はメインスピーカーで音を流しておいてもモニタースピーカーや楽器類、照明などは片付けていけますし、フロアに関しては経験上、15分もあれば現状復帰できる会場がほとんどです。

メインスピーカーやミキサー卓などは客だし後でも充分片付けられるので、後回しにしていても問題ありません。

それよりも主催者の荷物などを出したり、整理したりするのにかなりの時間が取られるので、お客さんが喋ってる間に搬入口などからどんどんと会場の外に荷物を出していきましょう。

主催者控室がどこよりも先に片付いているというのが理想の状態です。

 

 

3.客だしスタート

15~20分ほど話したり、写真を撮ればお客さんも十分余韻を楽しめます。

ここでようやく客だしをスタートさせます。

そのやり方は簡単で、

①会場の出入り口からいちばん離れているところ(ステージ前や2階席など)からスタッフ数名が一列に並び、そのまま出口に向かって歩いていくのみです。その途中途中で出会うひとたちに声を張らずに「ご退場お願いしま~す」と声をかけていってあげてください。その組が動き出したらまた出口に向かって歩いていく、人がいたらまた声をかける。その繰り返しで効率良くハケることができます。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%97

②もし、忘れ物や落し物などで締め切ったエリアに行きたい人がでてきたらそのひとに1人がついて用が済んだらすぐに退出をしてもらうようにしましょう。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%972

③そして、フロアから人がいなくなればフロアを締め切って、音も止め、ステージやフロアの片付けを行いましょう。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%973

④ラウンジ部分でもひとのハケ方は同様です。

%e5%ae%a2%e3%81%a0%e3%81%974

この方法であれば大きなホールでもすぐに人をハケさせることができるのでぜひご活用ください。

 

いかがでしたでしょうか?

一度聞くと当たり前のように感じるかもしれませんが多くのイベントでできていない現状ですので、次回のイベント時には思い出して参考にしてみてください。

素敵なイベントが増えることを心から願っています。

イベント制作の業界用語をマスターしよう♪

 

音楽イベントをつくりたい、もしくはつくる立場になったひとのためにまず知っておきたいイベント業界の基本的な用語をご紹介します♪

ckuqkfuuyaarmvq

 

【用語の見方】

用語
説明
使用例

 

・会場&ステージ関係の用語

上手(カミテ)・下手(シモテ)
上手 = 客席からみて右側 / 下手 = 客席からみて左側
出演者の方、下手側待機でお願いしま~す。

キャパ(キャパシティー)
ホールや劇場などの座席数や収容人数のこと。
あのホールのキャパどれくらい?

バミる
ガムテープ等で舞台上に目印などを付けること。
ボーカルの立ち位地、バミってる?

ジェネ(ジェネレーター)
発電車のこと。
ジェネの手配よろしく。

平行(ヘイコウ)
一般家庭で使用する15Aコンセントのこと。
この平行からいただいていいですか?

動線(ドウセン)
来場者やスタッフの動きを表した線のこと。=導線
物販の動線確保できてる?

裏動線(ウラドウセン)
関係者のみが通れる動線のこと。
ゲストが到着されたから裏動線から楽屋にご案内して〜。

 
・アーティスト関係の用語

板付(イタツキ)
パフォーマンスを演者が既に舞台上に居る状態からはじめること。 ⇔音先
ダンスの演目、板付から始めます。

音先(オトサキ)
パフォーマンスをはじめる際に音を先に流してからはじめること。同義語 = 音きっかけ ⇔板付
音先でMCに入ります。

アゴ・アシ・マクラ
アゴ = 食費 / アシ = 移動費 / マクラ = 宿泊費
このブッキング費はアゴアシ込みです。

ケータリング
飲食類やお弁当のこと。
アーティストのケータリングの準備OKです。

入り(イリ)
入り時間の略。出演者やスタッフなどが現場に到着する時間のこと。
明日現場に11時入りでお願いします。

MC(エムシー)
司会者、または曲間で行うトークのこと。
2曲目終わったらMC入ります。

影アナ
MCが舞台そで等お客さんから見えない位置でアナウンスをいれること。
諸注意は影アナで流します。

オケ
歌以外のカラオケ部分のこと。またはオーケストラの略。
板付でオケ流してもらいたいです。

 
・進行上の用語

タイスケ(タイムスケジュール)
準備〜本番〜撤収までのスケジュール一覧のこと。=TT(ティーティー)
タイスケより早く終わったし飲みにいくか!

CUE(キュー)
進行上の合図、キッカケのこと。
CD音源流す時に、CUEもらっていいですか。

ハケる
舞台上からいなくなる、かたづけること。
パフォーマンス終わり次第、ハケて下さい。

転換(テンカン)
ステージ上のセッティングを変えること
転換時間10分でいきます!

暗転(アンテン)
照明を落として暗くすること。
暗転中にハケて下さい。

オンタイム
定刻通り。
オンタイムでスタートします。

押す(オス)
予定している時間よりも遅れている状態。
10分押してるのでMCの時間、短くします。

巻き(マキ)
予定している時間よりも早まっている状態。また早くする、急ぐこと。
転換、マキでお願いします!

リハ(リハーサル)
練習やテストのこと。
リハの時間取れますか?

逆リハ
プログラムと逆の順番で行うリハーサルのこと。終了後すぐに本番を迎えられる。
頭がバンドなので逆リハでいきます。

ゲネプロ
本番通りに行う通し練習のこと
最終、ゲネプロで足りないところがないか確認します。

香盤表
出演する俳優全員の役名と出演場面を書いた一覧表。映像では撮影計画の詳細を1表に書き表したもの。
香盤表を見て手が空いてる人を集めてきて!

進行台本
時間の流れに沿って詳細な演出内容を示した台本。
11時からPAとオーガナイザーと舞台監督とで進行台本の読み合わせね!

見切れる(ミキレル)
客席から舞台の袖や大道具の影になっていなければならない物や人が見えてしまうこと。また、舞台上のスピーカーなどが邪魔してステージの全体が見えないこと。
さっきハケたドラムセット見切れちゃってるよ〜。

 
・制作&機材関係の用語

PA(ピーエー)
音響装置や音響屋さんの呼び名のこと。
PAに台本渡しておいてね。

リバーブ
音響効果のひとつ。カラオケのエコーのような残響エフェクターのこと。
もう少しリバーブ効かせてください。

ディレイ
音響効果のひとつ。原音を遅らせて一定の間隔で繰り返す「やまびこ」の様なエフェクターのこと。
ディレイ効きすぎじゃない?

SP(スピーカー)
スピーカーのこと。
SPはこことここに配置しますね。

返し(カエシ)
演奏や歌をステージ上のアーティストに聞かせるために使用されるモニタースピーカー全般のこと。
ドラムの返し、ギターの音をもう少しもらってもいいですか?

フット
フットモニターのSPの略。出演者足元に置くモニター用SP。同義語 = 三角
フットの音、もう少しもらっていいですか。

ハウる
「ハウリング」の事。マイクをSPに近づけると「キーン!」と鳴るループ現象のこと。
マイク、ハウるから近づかないでね。

サウンドチェック
SPをチェックしたりチューニングしたりすること。「ワン・ツー」とか言うアレ。
サウンドチェックでき次第、リハに入ります。

SE(エスイー)
音響効果音のこと。また、本番前に流す音楽のことも指す。
客入れ時のSEはこのCDを流してください。

生きる・死ぬ(イキル・シヌ)
生きる = 機能していること / 死ぬ = 機能していないこと。
MCマイクずっと生かしといてください。

ゴッパチ
SHURE製SE-58マイクの略。30年近くPAの現場で使用されているボーカル用定番マイク。
予備でゴッパチ1本立てておきますね。

ゴーナナ
SHURE製SE-57マイクの略。このマイクも長年PAの現場で使用されている楽器用定番マイク。
ボーカルゴーナナでいきます!

タク
音響や照明のミキサー卓(操作卓)の略。ツマミやフェーダーが沢山付いている難しそうなアレ。
卓らへんに演者のSE置いといて〜。

仕込み(シコミ)
音響・照明・美術・大道具などのセッティングのこと。
9時入りしても3時間は仕込みでかかります。

養生(ヨウジョウ)
イベント会場の床や壁、柱などを傷つけないように保護材を取り付けること。
機材運び入れるから入口の柱を養生しといて〜。

 

 

いかがでしたでしょうか?

音楽系の専門用語に加えて、イベント業界用語は複雑なものが多いのでしっかり予習をしておきましょう。