オトノウラガワ vol.2 【イナギタケシ de fuwafuwa】

アーティストが楽曲やライブにかける”ウラガワ”に迫る企画、『オトノウラガワ』第2回のアーティストは、、、

独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループ、

イナギタケシ de fuwafuwa

のみなさんです!

 

まずはメンバーの紹介から

イナギタケシVo.

岡田賢Gt.

なつみゆずKey.

西村ザビエル悟志Per.

そんな彼らの”ウラガワ”に今回は迫ってみた。

オ:オンガクインタビュアー

イ:イナギタケシ de fuwafuwa

 

オ:それではまずはじめに簡単に自己紹介をお願いしてもよろしいですか?

イ:「三軒茶屋の怪人」とも呼ばれる独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループです。

 

オ:すごいキャラの濃いひとたちだ、、、

オ:それでは、ライブで大切にしていることはありますか?

ライブについて:観に来てくれた人々が、心の底から思い切り楽しくなれるようなライブにしたいと思っています。メンバーとお客さんとで、あたたかい家族や友達同士のような雰囲気を作ることも大切にしています。

 

オ:(予想外の答えがきた、でも、すごい素敵!!)

オ:今後の目標はなんですか?

イ:まずは、できるだけ多くの人々に知っていただけるように、ライブを積み重ねてゆきたいです。地域の人々と触れ合えるようなステージなどにも出てみたいです。いつかは、大きめのフェスなどにも出られるようになるのが夢です。

オ:めちゃ堅実だし、それが形になっていってるのがすごいですね!

オ:では、このグループの特徴を教えてください!

イ:今風、や、万人受けする、という感覚とは無縁の、豪快で自由、そして、唯一無二のイナギタケシの個性と、実力派のメンバーたちとのユーモラスな掛け合いに、「今までこんなの見たことない!」という気持ちになっていただけると思います。MVでは、メンバーたちが役になりきって、意外な(!)演技力も発揮していますので是非ご覧ください。

オ:確かにMVも拝見しましたが、すごい世界観で吸い込まれる感覚でした。中毒性ありますね!笑

(参照 あそこがファイヤー – イナギタケシ de fuwafuwa)

 

オ:ライブやリリースの情報はありますか?

イ:はい。8月5日(日)には、 下北沢Lagunaにて、『 Laguna 10th anniversary イナギタケシ de fuwafuwa presents あそこがファイヤー vol.9』 を開催します。 イナギタケシ de fuwafuwa 1st mini album「笑っちゃって~Ahahahaha~」レコ発ライブですので、是非ともみなさまにお越しいただけたらなと思っております。

オ:ありがとうございました!オトノウラガワ第2回はイナギタケシ de fuwafuwaの皆さんでした!

 

イナギタケシ de fuwafuwa

HP:https://www.fuwafuwamusic.com

オトノウラガワ vol.1 【Silentone】

大学を飛び出して学校の外で音楽活動を行う大学生に直接インタビュー!
YoutubeやLIVEだけでは伝わらない制作秘話や様々な思いをお届けします。

記念すべき第1号は全員が同じ学校、同じ年のSilentoneさん。現在京都を中心に活動中の5ピースバンド。力強いメロディの中にピアノサウンドを織り交ぜたピアノロックと激しくも優しいボーカルの声が魅力である。初めてにも関わらず一人一人の思いや曲に込めた気持などを熱く語って頂きました。

 

Silentone

京都産業大学2回生

森下 景太 さん (Vo 

坂本 聖生 さん Gt.

海老名 秀斗 さん (Ba.

上原 亮 さん (Key.

沢 昌平 さん (Dr.

S__248135685

 

 

【バンドの良さとは?】

Key)演奏してるのが楽しい。弾いてるのがたのしい。一人でやるのとは違う。
Gt)いっぱいおった方が楽しい!
Dr)みんなで作る感じが楽しいちゃうん?一人で淡々とやるより
Gt)そうそう。
Ba)僕は聞きなれてる音楽がバンドサウンドなのでそれしかないなって感じ
Dr)あぁ一緒な感じですね。色々聞いて感動とかもらったりするんですけどやっぱり1番バンドの音楽から貰うことが多かったのでやっぱり自分がやってみたいなぁと思ったのも必然とそうなりましたね。

【どんな歌詞が多いですか?】

Vo)んーなんか“みんなでやろう”みたいな(笑)あれちょっと可愛かったかな。なんか小学生みたいやな。自分がこう進むならみんなと一緒に進みたいなぁみたいな??んーなんていうんやろな。
Dr)前向きな歌詞がおおいですね。自分らの曲には。

 

【将来的にどうなりたい?】

Dr)ものすごく広いところでやりたい。もう、それこそ武道館とか。
Key)やれたらいいね。
Ba)あとは彼女〔彼女in the display〕と対バンぐらいなやな。
Key)せやな。

 

【あなたの担当楽器ならではの難しさとは?】

Gt)全て・・・ですね。周りの音を聞いて自分の指を合わせる。それは・・・もうなんかやばいですね。合わせること、ぴったり合わせることが僕は苦手ですかね。ギターはやっぱ僕にとって難しいですね。

Ba)奏法がピックじゃまずないって所からやと思うんですけど、僕は弾くときにピックは絶対使わんって決めてるんです。ベースを選んだ理由が指で弾けるからで、ベースは直接フィジカルに触れられるから直接自分の体で伝えられるかなって。ピックじゃないから指1本で抑えられるので他の楽器より動きやすいですしね。

Key)一番雰囲気を出せるのがキーボードだと思っててその雰囲気を出すのが難しいですね静かに優しくなる所とか・・?抑揚ですかね。ピアノ1本になったらピアノだけの空気作り。そういう所が難しいですね。

Dr)最初僕がドラムを始めた理由がかっこいいとかじゃなくて、前で弾くっていうのがめっちゃ恥ずかしかったんからなんで。なんでドラムは一番後ろにいるので目立たんと思って始めたんですけど、バンドってドラムがほんまに肝やと思ってて僕は。ドラムがかっこ悪かったらどんなにベースとかギターとかがかっこよくても8割ダサいと思ってて。逆にドラマーがしっかりしてたらみんなノっていけるし、すごいいいバンドに見えると思うんですよ。それが難しい所でもあるし、最高にかっこいい所でもあると思います。

Vo)ボーカルとしてはいっちゃん前に立つわけで、僕自身がいいパフォーマンス出来たらバンドはいい評価されるかもしれんけど、逆に自分がダサい事しとったら「あのバンド、ださいなぁ」みたいな。自分がバンドの顔やと思ってるんで。生かすも殺すも自分次第って所ですね。演奏してない時も気は緩められないし、自分は歌ってないけど自分はバンドの顔だから・・・とか?歌ってない時の方が難しいですね。

S__248135686

 

 

 

 

 

 

 

 

【尊敬するアーティストさんは?】

Dr)即答でONEOKROCK。みんなが同じ方向を向いて音楽をしてる所がすごい。

Vo)僕、UVER(UVERworld)。誰一人かけることなくみたいな感じが好きですね。この前までサポートでしてた人をメンバーにしたりとかってゆうエピソードを聞いて。

Ba)僕完全にThe mus mus。僕はその人を見て初めてパフォーマンスに意識がいったというか、テクニックだけじゃなくてシンプルに見た感じがかっこいいっていう。そういうベースの感じがいいなって。動き方から髪色も完全リスペクトしてますね。

Gt)やっぱバンドだったらONEOKROCK。ボーカルがやっぱ1番僕が重視したいところで。ギターでも、歌を邪魔したくないですね。一人一人の意識が高いし、人気になる理由が分かるから。もうシンプルに好きですね。好きに理由はないです(笑)

Key)RADWINPSの野田洋次郎さんの歌詞がいい。アーティスト像がめっちゃかっこいい。どこら辺て聞かれると難しいけど、フィクションの曲が『遠恋』って曲しかなくて、すごい経験してきてはるなって、よくそんな言葉出てくるなって思う。野田さんの考えが凄い好き。

 

【オリジナル曲 isolation ってどんな曲ですか?】

Vo)やっぱシンプルに最初の曲ってゆーのでどの曲よりもやってて、多分みんなもそうなんですけど、いっちゃん楽しいじゃないけど、感情乗るかな。自分たちで作った初めての曲やし。
Ba)初めての曲って割とボコボコな曲があったりすると思うんですけど、これはメロディもちゃんとしてるし構成もちゃんとしてるし。初めてなのにいい感じなのが出来たなと。一番合わせてるのも長いのでそれが音に出ててるかなって。
Dr)ほんとちょっとしたポイントなんですけど、全員の味っていうか、いい所を出せた曲じゃないかなって思います。

 

【お客さんに向けて伝えたい事】

Vo)僕あんまネガティブ思考じゃないんで、こういう考え方もあるんじゃない?みたいな提案とかそこまで悩むことでもないやん?っていう感じで、他の人にもそんな悩みこんでほしくないってゆーのを音楽で出せてたらなと。
Dr)自分が悩んでた時とか元気ない時に聞いて元気もらえるような、人のマイナスな面とプラスな面が合わさったような歌とか作っていきたいですね。最終的にはとりあえず歌を聴いてほしいですね。
Ba)仲がいいのもあって俺たちはこんなに楽しんでるよってゆーのを見てほしいですね。バンドをよく知らない人だからこそ聞きやすいと思う。ケツメイシチックな。
Key)僕自身がメタルとかコア系が好きなんですけど、コア系が苦手な人が重たいサウンドに慣れてもらう課程としてコアが好きな人が増えたらいいなって思います。

 


 

取材をしている上で、5人全員が観客の誰よりも音を楽しんでいる。一人一人がお互いを信頼し、尊敬しあっている気持ちが曲や言葉にまっすぐ出ているバンドだった。だからこそ、まだまだ至らない点は多くあるとインタビューで語られていたが、そこが彼らの良さであり期待値だろう。バンド以外でも共通点が多いからこそ繰り出されるチームワークから生まれるメロディ・歌詞をぜひライブハウスで聞いてほしい。現在1stデモがLIVE会場にて300円で配布されているので気になった方は是非手に取ってみてはいかがだろうか?

 

 

 

 

 

夏に聞きたい‼踊れる曲10選

メジャーからインディーズまで最高にノれるダンスチューン集めてみました!

どこかのフェスできっと流れる!この曲さえ聞いていればどこに行っても
盛り上がる事間違い無しの10曲をご紹介いたします。


“あなたの踊る場所はどこですか”
「WHERE?」夜の本気ダンス

名前にダンスが入っていて踊れないわけがない。曲のイントロから観客の気持ちを一気に夜ダンの世界へ引き込んでいく。ボーカルの歌いまわしに、きっとあなたもWHEREと何度も歌って踊るはず。

 

 

 

“踊ってない夜が気に入らない”
「オドループ」フレデリック

フェスの常連でありトリも多く務めるフレデリック。この曲のMVに出てくる少女2人が踊っている振り付けが何とも不思議であり、1度見たら忘れられない。フロントマンの連携されたLIVEでの動きはマストチェックである。

 

 

 

“真夏の化け物ここにあり”
「MONSTER DANCE」KEYTALK

夏の踊れる曲といえばこの曲。MVでは曲全部を通して振り付けがある珍しい曲である。どれも全て簡単な振り付けなので覚えてLIVEやフェスで隣の人と踊ってみるのも楽しいのではないだろうか。

 

 

 

“無限に広がる水カンワールド”
「桃太郎」水曜日のカンパネラ

この曲は、曲自体に振り付けがあるわけではないのだが、ボーカルの【こむあい】がLIVEの際に必ず踊る振り付けがある。LIVEでしか見ることのできない振り付け有りの桃太郎は必見である。ラップ調の歌詞なのでラップ好きな方も!

 

 

 

“sumika回避ルートは存在しません”
「ふっかつのじゅもん」sumika

2016年1月に活動休止から復活し全国ツアーなど行っているsumika 幼い頃ゲームにハマっていた人に是非とも聞いてほしい1曲。曲の中に多く合いの手が入っているので初めて聞いた人でもすぐに盛り上がれるのが魅力。

 

 

 

 

“宴会バンド日本代表”
「KAN&PAI」フラチナリズム

【笑ってこらえて】という番組の1コーナーで見たことある方もいるだろう。親指と小指をたてて左右に振るという簡単な振りとともにキャッチーな歌詞。これを覚えて飲み会や結婚式の余興、カラオケでやれば盛り上がること間違いなし。

 

 

 

“私はgo!go!vanilasが嫌い…だって…”
「エマ」go!go!vanillas

初めに少女の衝撃的な一言から始まる。しかしその理由は告げず曲が終わってしまう。この曲の答えを聞いて考えてみてほしい。MVでは学校、制服、通学路と聞き手の学生時代を思い出させるような甘酸っぱい曲だ。

 

 

 

“踊れ Funky Party People !! ”
「オトナHITPARADE」BRADIO

アフロに赤いロングジャケットのステージ衣装は初めて見た人に与えるインパクトは計り知れない。髪形とは裏腹に美しいファルセット、聞き手の期待をいい意味で裏切ってくれる。BRADIOほどミラーボールの似合うバンドに未だかつて出会ったことがない。

 

 

 

 

“一度もぐるとハマって戻れない”
「POPダイバー」EVERLONG

イントロのギターの速弾きに夢中になったが最後、いつの間にか1曲聞き終わっている。MVに登場するモデルの女性からメンバー全員が顔面パイを受ける意味は分からないが、なぜかもう一度聞きたくなってしまう。パンクならではのリズムに乗って体が自然と揺れることだろう。

 

 

 

“こういうのがお好きなんでしょ”
「A-Han!!」感覚ピエロ

様々な曲によく使われている四つ打ち(裏拍)と言われるリズム。それをメロディだけでなく歌詞にも沢山盛り込んでいる。アハンアハンだなんて絶対言わないあなたもLIVEで叫んでみれば何か日常が変わる……かも??ぜひ最後にギターが口ずさんでいる曲も聞いてみてほしい。

 

 

 

 

 

あなたは10曲中何曲知っていたでしょうか?
これを機に踊れる曲をYouTubeで漁ってみてください。
もしかしたら、あなたが、今まで知らなかった最高に踊れる曲に出会うかも!?

 

学生バンドあるある

学生時代のバンド経験が会話での鉄板ネタという方も少なくないのではないでしょうか。「高校生、大学生バンド」にまつわる、あるあるネタをご紹介。

出会いの春。

「昔バンドをやってたんです」

新しく出会った友人との会話での鉄板ネタという方も少なくないのではないでしょうか。
そこで、こちらでは自分自信が経験した「高校生、大学生バンド」にまつわる、あるあるネタをいくつか紹介していきたいと思います。

 


 

・MCは身内話

・演奏がうるさすぎて、ボーカルが何歌ってるのかまったく聞こえない

・盛り上がって下さいと客に強要

・文化祭のために組んだのにプロになるとか言い出す

・シールドがぐちゃぐちゃ、片付けが遅い

・ライブの客は知り合いだけ

・SNSでLIVEの呼びかけ、告知

・どこかでウケを狙う

・教室でタブ譜とか見て、周りに(女の子たちに)アピール

・観客をすべて自分たちのファンだと思いこみ、「お前ら最高!!」とか言っちゃう

・2曲しかまともなレパートリーがない

・無駄にGAIN全開、クランチ・クリーンの使い方が変

・ギター2人が全く同じ音を弾いている

・弾いてる途中、弦を見る回数が異常に多い

・ライブが始まる直前、暗転しだすとみんなヒューヒュー言い出す

・とりあえずワンオク・ラッド・バンプあたりやっとけばOK

・小さな恋のうた 曇天 率の高さ

・文化祭でライブをやるも観客の八割は軽音部のサクラ

・ドタキャン

・すごいゆがみのエフェクター

 


以上が私の身の回りのバンドあるあるでした。

他にもあげればきりがありません。
バンド経験のある方ならどれかはは体験したことがあるのではないでしょうか?