オトノウラガワ vol.2 【イナギタケシ de fuwafuwa】

アーティストが楽曲やライブにかける”ウラガワ”に迫る企画、『オトノウラガワ』第2回のアーティストは、、、

独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループ、

イナギタケシ de fuwafuwa

のみなさんです!

 

まずはメンバーの紹介から

イナギタケシVo.

岡田賢Gt.

なつみゆずKey.

西村ザビエル悟志Per.

そんな彼らの”ウラガワ”に今回は迫ってみた。

オ:オンガクインタビュアー

イ:イナギタケシ de fuwafuwa

 

オ:それではまずはじめに簡単に自己紹介をお願いしてもよろしいですか?

イ:「三軒茶屋の怪人」とも呼ばれる独創的な世界観&ビジュアルのイナギタケシが未だかつてない自由奔放な音楽を創作・追及するために立ち上がったハッピーアコースティックグループです。

 

オ:すごいキャラの濃いひとたちだ、、、

オ:それでは、ライブで大切にしていることはありますか?

ライブについて:観に来てくれた人々が、心の底から思い切り楽しくなれるようなライブにしたいと思っています。メンバーとお客さんとで、あたたかい家族や友達同士のような雰囲気を作ることも大切にしています。

 

オ:(予想外の答えがきた、でも、すごい素敵!!)

オ:今後の目標はなんですか?

イ:まずは、できるだけ多くの人々に知っていただけるように、ライブを積み重ねてゆきたいです。地域の人々と触れ合えるようなステージなどにも出てみたいです。いつかは、大きめのフェスなどにも出られるようになるのが夢です。

オ:めちゃ堅実だし、それが形になっていってるのがすごいですね!

オ:では、このグループの特徴を教えてください!

イ:今風、や、万人受けする、という感覚とは無縁の、豪快で自由、そして、唯一無二のイナギタケシの個性と、実力派のメンバーたちとのユーモラスな掛け合いに、「今までこんなの見たことない!」という気持ちになっていただけると思います。MVでは、メンバーたちが役になりきって、意外な(!)演技力も発揮していますので是非ご覧ください。

オ:確かにMVも拝見しましたが、すごい世界観で吸い込まれる感覚でした。中毒性ありますね!笑

(参照 あそこがファイヤー – イナギタケシ de fuwafuwa)

 

オ:ライブやリリースの情報はありますか?

イ:はい。8月5日(日)には、 下北沢Lagunaにて、『 Laguna 10th anniversary イナギタケシ de fuwafuwa presents あそこがファイヤー vol.9』 を開催します。 イナギタケシ de fuwafuwa 1st mini album「笑っちゃって~Ahahahaha~」レコ発ライブですので、是非ともみなさまにお越しいただけたらなと思っております。

オ:ありがとうございました!オトノウラガワ第2回はイナギタケシ de fuwafuwaの皆さんでした!

 

イナギタケシ de fuwafuwa

HP:https://www.fuwafuwamusic.com

ORANGE RANGEライブレポ

【PickTopics】ORANGE RANGE 15周年記念「47都道府県 DE カーニバル」ツアーin奈良100年会館

10月16日(日)奈良100年会館で行われたORANGE RANGEの15周年記念「47都道府県 DE カーニバル」ツアーに行ってきました!!

 
2015年のRADIO CRAZYにて、最前列でみた興奮が忘れられず、ORANGE RANGEの単独ライブ初参戦!

 

実はなにも予習せずに参戦。友達となにを歌うか予想しながら開始の瞬間を待ちます。

 

会場が暗くなり、音楽が流れ始め、ORANGE RANGE登場!!一気に会場が湧き上がりました!

 

一曲目は以心電信から始まり、続いてロコローション
懐かしい誰もが知ってる曲で盛り上がり、会場があったまるとSpecial Summer Saleで南国感に溢れました!
MCをはさみ、チャンピオーネ、イカsummer、*~アスタリスク~で盛り上がり、ミチシルベでしっとりとバラード。
昔の曲続きで気がつけば口ずさんでいました!

 

瞳の先に、は初めてだったのですが、ボーカル3人のいい感じのハモリでした!
MCタイムで「おなかすいたね~」「すし食べたいね~」という話題から、日本人はNO SUSHI NO LIFE!

 

ということで、SUSHI食べたいで会場再び熱気回復!

 

次はウトゥルサヌ
沖縄の方言で「怖い」という意味だそうです。

 

「clap!!clap!!」と手拍子しながら始まるリアル・バーチャル・混沌

ラブパレード、SP thanxからの上海ハニー、お願い!セニョリータで一気に盛り上がりがMAXに!

 

 

GOD69、キリキリマイ、Silent nightでラストを締めくくりました!

 

アンコールではここにいるよ、花、最後はИatural Popで終演しました!

 

初めてORANGE RANGE単独ライブに行きましたが、昔の曲が多くてとても楽しめました!!
オレンジ世代と言われる20代にとってもすごく楽しめるライブになっていました!!
余韻が1週間経ってもまだ残っています

 

今年15周年で今までの感謝を込めて今回のツアーをしようと決意したそうです。
ファンへの感謝の気持ちがとても伝わったライブでした!

 

 

KANSAI KAVERS 2016

友人のお誘いで9月18日、「KANSAI LOVERS 2016」二日目に行ってきました!

2016 9 / 17 (sat). 9 / 18 (sun)

In 大阪城野外音楽堂

 

 

「KANSAI KAVERS」とは、関西にゆかりのあるアーティストが集結する野外イベントです。このイベントは、心斎橋Music Club JANUS店長・岸本 優二さんが主催されており、今回で9回目!当日は雨がぱらついていましたが、そんなことお構いなしにみなさん会場の空気を楽しんでいました。

 

そんな中、まずオープニングアクトとして登場したのは・・・

【YAJICO GIRL】

2012年4月、高校の軽音楽部で前身バンドを結成しました。その後、全員受験のため一時活動を休止し、2015年春、「YAJICO GIRL」と名前を変え復活することに。十代の才能を発掘するプロジェクト『十代白書2016』でグランプリを獲得した経歴を持つ、平均年齢19歳のバンドです。

HP: http://www.yajicogirl.com/

 

そしてトップバッターとして登場したのは・・・

【ユビキタス】

2012年の結成し、2014年1月ベルウッドレコードの新インディーズレーベル<ROCKBELL>より、1stミニアルバム「リアクタンスの法則」で全国デビューを果たした、大阪を中心に活動する3ピースロックバンドです。

HP:http://ubiquitous.jp/

 

2番目に登場したのは・・・

【シナリオアート】

2014年1月にキューンミュージックよりmini Album「night walking」でメジャーデビューを果たした、関西出身の男女ツインボーカル3ピースバンドです。

HP:http://www.scenarioart.jp/

 

3番目に登場したのは・・・

【ドラマチックアラスカ】

2010 年同じ高校に通うメンバーで結成し、COMIN’KOBE 13でトリを務めるなど注目を集めました。2013年6月にCDデビューを果たし、2015年からは新体制となった神戸出身のギターロックバンドです。

HP:https://dramaticalaska.com/

 

4番目に登場したのは・・・

【プププランド】

2012年に結成されました。2014年、「ROCK IN JAPAN」や「りんご音楽祭」、「MINAMI WHEEL」「見放題」など様々な大型フェスに出演を果たした、神戸出身の雑食系フォークロックバンドです。

HP:http://pupupuland.jimdo.com/

 

5番目に登場したのは・・・

【ジラフポット】

2011年に現編成で本格的に活動を始めました。ホームページには“キャッチーなメロディに変幻自在で先が読めない展開、感情を爆発させたようなエモーショナルなサウンド、そして卓越したライヴパフォーマンスで、ギターロックバンドが飽和状態と言われて久しい現在のシーンでも圧倒的な存在感を示し、頭角を現す。”と紹介されています。

HP:http://giraffepot.com/profile/

 

6番目に登場したのは・・・

【夜の本気ダンス】

2008年 京都にて結成され、2014年2月にタワーレコード限定シングル「Bitch」を発表したのち、3月に初の全国流通ミニアルバム「DANCE STEP」を、同年11月にアルバム「DANCE TIME」をリリース。2016年3月9日に、アルバム「DANCEABLE」をリリースし、メジャーデビューを果たしました。

HP:http://honkidance.com/bio.html

 

7番目に登場したのは・・・

【PAN】

1995年に幼なじみでもあった4人で結成し、以降、大阪・京都・兵庫を中心に全国で120〜140ヵ所でライブ展開をしている。昨年、結成20周年を迎えた大阪を拠点に全国で活動するロックバンドです。

HP:http://pan-sound.com/

 

8番目に登場したのは・・・

【Tricot】

2010年9月1日に結成。2014年7月には、チェコ、ハンガリー、スロヴァキア、セルビアの野外フェス出演や、Pixiesのサポートアクトを含む初のヨーロッパツアーを実施。2015年10月には初の北米ツアー、2016年3月には3度目のヨーロッパツアーを実施。国内のみならず海外でも注目度が急上昇中のロックバンドです。

HP:http://tricot.tv/

 

9番目に登場したのは・・・

【Brian the Sun】

2007年、大阪で結成し、2008年、閃光ライオットに出演。約5000組の中から準グランプリに選ばれました。2016年1月 EPICレコードジャパンからのメジャーデビューを発表した、関西出身のロックバンドです。

HP:http://www.brianthesun.com/

 

そして最後に登場したのは・・・

【感覚ピエロ】

2013年7月大阪にて結成。結成直後、自主レーベル&マネジメント「JIJI|JIJI RECORDS」を設立。2016年6月にリリースされたセカンドミニアルバム「不可能可能化」収録曲「拝啓、いつかの君へ」は日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌に抜擢されました。

HP:http://kankakupiero.jp/

 

雨が降ったり止んだりまた降ったりと、あいにくの天気でしたが、お客さんそして各バンドのメンバーの方々の熱い思いは途切れることなく、最後まで駆け抜けました!事前にタイムテーブルが発表されていないのですが、それがまたお客さんを盛り上げるポイントだったのかもしれません。

すごくバンドに詳しいわけではない私ですが、KANSAI LOVERS 2016に行って気になるバンドがたくさん見つかりました!この記事がバンドにあまり詳しくない方々の気になるバンドを見つけるきっかけになればと思います。

 

%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%90%e9%9d%92

KANSAI LOVERS 2016 HP:http://www.arm-live.com/kansailovers/2016/

【Buffaloes Music Festival レポートをお届け!!】

オリックス・バファローズの夏のビッグイベント「Bs夏の陣」。7月31日の野球試合後にBsGirlsと大学生による音楽フェス「 Buffaloes Music Festival 2016 」 を開催いたしました。今回はこのフェスを写真と出演者様からの感想とともに振り返ります。

【みんなマウンドに集まれ~!】

オリックスバファローズ最高のサヨナラタイムリー勝ち越しに京セラドーム大阪のボルテージは最高潮!興奮が冷めない中BMFの準備が進められていきました。

 

img_7078

あっという間にステージが完成!

 

 

img_7079

 

マウンドが開放されるとお客様がぞくぞくと足を運んでくださり記念撮影をしてみたり寝っ転がってみたり…開演までの時間を全力で楽しんでくださいました!

一番前にはキッズスペースもありどの世代の方も楽しんでいただけるように工夫されています!

 

 

BMFスタート!】

 

まずオープニングを飾ったのはBsgirlsさん!お客様もオリックスファンの方が多いだけあって口ずさんだりコールしたりと大盛り上がり!

 

そしてここからが大注目の学生サークルのパフォーマンス!

トップバッターは主にkpopのコピーダンスをしているJe veux dansant(ジュヴダンサン)さん!

 

img_7313 img_7517

 

「去年に引き続き出演させていただきありがとうございます!大きなステージで、スクリーンにアップで映し出され、普段とは全然違う雰囲気なのでとても緊張しましたが、お客さんのご声援のおかげで練習の成果を発揮することができたように思います!見てくださった方と一緒に楽しむことができたことがとても嬉しく、充実した時間になりました!ありがとうございました(^^)」

と感想をいただきました!素敵な衣装にキレのあるダンス!たまにこぼれる可愛すぎる笑顔にスタッフもお客様もメロメロでした!♡

 

 

そして続いては神戸大学アカペラサークルのGhannaGhannaさん!

 

img_7581 bmf2016_7959

「1000人規模の観客の前で歌う事は初めての経験だったので、とても緊張しましたが、少しでもアカペラに触れてもらえたので良かったです!興味を持った人は、ぜひyoutubeなどで聴いてみてください(^^)」

と感想をいただきました!

なんと総勢50名以上という大人数のご出演で迫力満点!素敵な音色がドームに響き渡りました。ほんとに声だけなの!?と子供たちも興味深々でしたね♪

 

 

 

MCなどを挟んだ後は

AKB48などアイドルグループのコピーをされている同志社女子大学のPichicartさん!

img_7764

img_7842

 

「本物のアイドルでも中々立てない京セラドームというステージに立たせていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!観てくださった皆様、コールや手拍子、恋チュンを一緒に踊って下さった皆様、イベント全体を支えてくださったUMFスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!」と感想もいただきました!

広い広いドームですがしっかりお客様の声援も届いていたみたいですね!会場にいるみんなで振り付けを踊ったりして一体感が素敵でした!

 

 

そしてトリを飾ったのはもちろんBs girlsさん!

新曲の「Go up!」やタオルをみんなで回す「Steady Go!」で最高の盛り上がりでした!ステージを降りてお客様の目の前でもパフォーマンスしていただきました!!

Bs girlsのみなさんもとても楽しんでパフォーマンスされていました。その楽しさが会場全体に広がってお客様はもちろん出演されていた学生パフォーマーの方もノリノリで楽しむことができましたね♪

 

img_8307

 

その後は恋するフォーチュンクッキーとBs girlsさんの「sky」を出演者さん、スタッフ、お客様みんなで踊りました!!みんなで踊ったり歌ったりするのって本当に楽しくってあっという間でした。

 

 

【さらに!!】

そのステージ横では学生アーティストの皆さんが作品展示やライブペイントが行われていました。

学生アーティストとは普段は学校に通う傍ら、フリーランスで仕事を受けていたり、クラブイベントでのライブペイント、創作活動、それぞれの活動は多岐にわたり創作活動をしている人の集まりです!

 

img_8151

 

ライブペイントは今回参加した学生アーティストの3人で何か描こうというノリのセッションだったそうです!

作品展示は、メンバーの方が日頃より撮りためた写真をPhotoshopで百枚前後合成し、レタッチや陰影など様々な技巧を凝らして創る幻想的な風景画を展示されていました。

 

img_8339

「このフェスは、ジャンルレスに大勢の人と最高の空間をシェアできる楽しさがありました。様々な年齢層の人にふれあえて、その方々の笑顔や楽しんでいる姿をみてこちらも元気づけられました。それとスタッフさんも皆さん親身で丁寧で最高でした!!(笑)」と感想をいただきました。

私たちも素敵な作品が完成していくのをわくわくしながら見ていましたがまさか即興のセッションだったなんて…驚きました。(笑)

 

 

【終演後は…】

BMFが終わりお客様をお見送りする際うれしい言葉と笑顔を沢山いただきました。スタッフ一同とにかく感動していました。

またステージの余韻に浸ったり他のグループの方と交流したり記念写真を撮ったり・・・最後まで楽しいイベントとなりました。

 

img_8431

最後にみんなではいチーズ!!

img_8454

 

Bs girlsさんからメッセージもいただきました!ありがとうございました!

 

 

いかがだったでしょうか?

Buffaloes Music Festival 2016 の当日の雰囲気や一体感が少しでも伝わっていれば幸いです(^^)

よろしければ同日BsStageで行われたUMF企画学生ステージのレポートもございますのでご覧くださいね↓

「リンク」

http://ongacu.com/?p=2877

 

 

【各出演学生サークルの情報はこちらから】

 

[ Je veux dansant ]

Twitter→@je_veux_d

 

[ GhannaGhanna ]

Twitter→@ghannaofficial

 

[ Pichicart ]

Twitter→@pichicart3

 

[ 学生アーティスト ]

Instagram→ puccyohenz

taishu_1021

kantoos_lifestyle

 

 

 

back number tour2016

back number tour 2016
MIRRORBALLandCHANDELIER
2016 / 6 / 29 @大阪城ホール
ライブレポート

 

 

back numberの全国ツアーミラーボールとシャンデリア
参戦してきました!!!

b

 

生憎の雨ということもあり少し早めに開場。

a

 

名前も知らない隣の人と、
ドキドキしますねなんて会話を弾ませつつ
今か今かと待っていると、、、

 

パッと会場が暗くなり
ステージに3人のシルエットが!!!

 

いよいよback numberライブのスタートです!

 

一曲目の Liar がカッコよくて
開始早々、興奮と感動の涙が止まりませんでした…

こんなに近くで、いつも聴いている、
唄が声が音が、聴けるなんて夢のようです。

 

 

平日だったので学校帰りの制服の人なども多くいて、
忙しいのに来てくれて本当ありがとうね。と
MCで感謝の言葉を何度も繰り返していました。

 

今までいくつものライブに行ってきたけれど、
こんなに必死に何度もありがとうを伝えようとしている
バンドは初めてだったように私は感じました。

 

 

頑張る人の応援ソング sister の青空を表現していたモニターは、
どんどん日が落ちていき夕方も過ぎ星が見える夜になり、
花火大会の様子が映し出されました

 

その瞬間、わあっ!!!という大歓声が。

 

ずっと前からファンだった人も最近好きになった人も、
誰もがきっと大好きな曲、わたがし です。

女々しい男目線の恋物語、
back numberらしい楽曲で、ドキドキします。

 

 

ライトが鋭くかっこいい サイレン、
ツアーの文字が掛かっている ミラーボールとシンデレラ、
一番の人気がある MOTTO
このバンドらしい 半透明人間、
このアップテンポを続けたセットリストで盛り上がりは最高潮に。

▽セットリスト
http://www.livefans.jp/events_setlist/553416

d

 

10代の子、両手挙げてー?
(はいはいはーい!!!✋)
そのまま両手を耳にあてて次の曲は聞かないで!
と、一笑い取ったあと
自ら倫理的にまずいと話す 助演女優症2 を熱唱。

 

自分で書いた歌詞に感動したり
可笑しいと笑ったり、Vo.依与吏さんは
少し変わったへんてこな素晴らしいアーティストです。

 

 

みんなが口ずさんでしまう 高嶺の花子さん で
銀テープ噴射あああああ!!!
私ももちろん両手を高く伸ばしてGET!!

終演してから、銀テープの譲り合いの場面を見ると
みんなが笑顔になりますね。

 

 

3曲のアンコールで本当の最後の一曲に そのドレスちょっと待った を
セトリで組むところがback numberらしいなあと
ファンは思ったはずです。

 

会場にいる9500人全員の顔を見るかのように手を振って、
何度もありがとうと言い、深いお辞儀をして、
3人はステージを後にしました。

c

私もまだまだ余韻に浸っていますが、
またすぐにback numberのライブに行きたいと思っています。

 

チケットが取りづらいですが
みなさんも是非行ってみてください!!!

▽ライブ情報
http://backnumber.info/live

 

 

ライブキッズの生態

皆さんは「ライブキッズ」をご存知であろうか?関西で開催される夏の大型ロックフェス「RushBall2015」で目の当たりにした本物の「ライブキッズ」達の不可解にも見える愉快な行動を、筆者の心の声をまじえて紹介したい。

皆さんは「ライブキッズ」をご存知であろうか?

筆者は昨年、関西で開催される夏の大型ロックフェス「RushBall2015」で、本物の「ライブキッズ」達を目の当たりにした。
今回は、彼らの不可解にも見える愉快な行動を、筆者の心の声をまじえて紹介したい。

 


「みんな、カラフルなズボン履いてる。。。。。。足だけ信号みたい。。。。」

 

dick

まず、カラフルなズボンが目に飛び込んできた。通称「ディッキーズ」といわれるものだ。
ライブキッズたちは上にバンドTシャツ、下はディッキーズを履いていた。赤色、青色、緑色、、、と様々な色を着こなしている。
膝が隠れる程度の丈のディッキーズは男女共通だ。

決してスタイルをよく見せるための服とは言い難く、むしろ今にでも走りださんとするような、動きやすさが見て取れる。
これが彼らなりのライブに行く時の正装なのであろう。

一般的な”おしゃれ”とは感覚が異なるが、あまりにも多い「カラフルズボン族」に、私たちは少しだけ浮いているような感覚になってしまった。

 


 「なんかステップ踏んでる。。。。。。。どこで練習してきたの。。。。。。。」

 

演奏が始まり、いよいよ盛り上がってきた。するとカラフルなズボンのライブキッズ達が踊り出した。

2st

演奏中の音楽に合わせて、両腕を上げ下げしている。それだけに限らず前進しない謎のリズミカルなステップを嗜んでいた。
これを通称「ツーステ」というらしい。(ツーステップの略称だと考える。)
ツーステをするライブキッズたちは、体全身で音楽を楽しんでいるように見えた。

ツーステのすごいところは、見事にどんな曲調に乗ることができることである。私たちも思い切って真似してみたが、案外難しい。
だが、どんな音楽にも乗ることができる快感を楽しむことができた。

 


「え、何???戦いが始まるの?????バトルするの????」

 

曲のAメロが終わり、慣れないツーステを踊りながらも、そろそろ盛り上がりが最高潮を迎える予感を感じていた。

すると、ライブキッズたちが神妙な顔で、まるで交通規制をする人のように輪を作り始めた。

mosh

 

あまりにも大きな輪を作り始めたため、その波にのまれながら思わずライブキッズ達と共に神妙な顔をしてしまっている自分がいた。

「踊れぇええええええええええええええええええええっっっっ!!!!!!!!!!!!!」

ステージから叫び声が耳に届く。
次の瞬間、ライブキッズたちが輪の中心にむかって走り始めた。
mosh2

 

自分の目の前で何が起こっているのかわからず混乱したが、周りを見渡すと、大勢のライブキッズたちが体をもみくちゃにさせていた。
これが俗に言う「サークルモッシュ」である。モッシュをするライブキッズたちは皆笑顔で、とても楽しそうに見えた。

 


「どうするんだろう、、、、、下に落ちてるやつ、、、、、、」

 

一言で言い表せば、モッシュはかなり激しいリズミカルな「おしくらまんじゅう」である。
あまりにも激しく動いているため、地面をみると案の定、誰かの持ち物であろう「タオル」「靴」「帽子」が落ちていた。

気になるがどうすればいいものかわからない。

サビが終わり、Bメロが始まると、何人かのライブキッズたちが下に落ちているものを拾い、肩車をし始めた。
すると、肩車されているライブキッズが落とし物をみんなに見えるように、腕を高く突き上げ

「これ、誰のぉおおおおおお!!!!!!?????」

と必死に叫んでいた。その光景を見た時に思わず感動してしまった。(写真は少し違う。探したが見つけることができなかった。)lift
持ち主が見つかると拍手が起こる、気づけば私も拍手していた。

 


「なんだ?!?!?!よくわからないけど、すごく楽しいぞ??!?!?!?!」


またBメロが終わり、サビが始まりそうになった時に、輪が出来上がり始めていた。
筆者も、「モッシュ」というものを体験してみようと試みた。
サビが始まり、ライブキッズ達にまぎれて「かなり激しいリズミカルなおしくらまんじゅう(モッシュ)」の中に入ってみた。

その中は、喜びの感情に溢れた空間だった。
隣にいる人が誰なのかは全く分からない。性別も世代も超えて、とりあえず隣の人と肩を組み、共に笑顔になっている空間がそこには広がっていた。

sakuru

 


音楽の楽しみ方は、人それぞれである。ライブキッズ達の生態というよりかは、ライブキッズなりの「音楽の楽しみ方」を目の当たりにすることができた。

友人達と共に「ツーステ」の練習をしながら、彼らなりの音楽の楽しみ方を、もう少し研究したいと思った。