【オンガク部 vol.6 “ 兵庫県立大学ダンスサークル Party Jam Kids 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第6弾

 

サークル名:Party Jam Kids

所属大学:兵庫県立大学

メンバー数:男19人、女48人、合計67人

設立年:2007年

パフォーマンスジャンル:lock、break、jazzなど様々なジャンル

活動頻度:週1日〜2日

活動拠点:兵庫県立大学 環境人間キャンパス体育館

 


 

-活動内容を教えてください!

主な活動内容は、毎週木曜日に体育館ステージに集まり、基礎練習や振りおとしをして、みんなで見せ合ったりしています!

 

timeline_20161218_055946

 

-チームで大事にしていることはありますか?

みんながダンスを楽しめるアットホームな空間です!

 

-このチームに入ってよかったと思う瞬間を教えてください!

練習中でも練習外でもみんなフレンドリーでみんなと一緒いる時間が楽しくて、このチームに入ってよかったと思います!

 

timeline_20161218_055952

 

-今後の目標は何ですか?

それぞれがもっと基礎力を上げて、次のステージでは前よりも良いパフォーマンスができるようにすることです。

 

-授業やバイトで活動は大変ではありませんか?

みんなで集まってするのは週に1、2回なので、そこまで負担でもないですし、人によっては自分の好きなときに集まってダンスをしたりしているので、その点では問題ないです。

 

timeline_20161218_055945

 

-練習外でのメンバーの様子はどんな感じですか??

授業でもダンスでも頑張り屋さんが多いけど、みんな本当にノリがよくて、切り替えがしっかりしてると思います!普段キャンパスがばらばらで会えないので、メンバーで集まったときはすごい盛り上がります!

 

timeline_20161218_055943

 

ありがとうございました!!

 


【 サークル情報 】

ツイッター↓
https://mobile.twitter.com/partyjamkids

【オンガク部 vol.5 “ 同志社女子大学アイドルダンスコピーサークル Pichicart 】~注目サークルインタビュー~

オンガクを愛する学生パフォーマンスサークルをご紹介するシリーズの第5弾

・サークル公式名:Pichicart

・メンバー所属大学名:同志社女子大学

・メンバー数(男:0人 女:15人 計:15人(うち1人はマネージャー))

・設立年&月: 2014年10月

・パフォーマンスジャンル:アイドルダンスコピー

・活動頻度 :練習→週1-2程度 ステージ→月1程度

・活動拠点: 京都

・実績(出演・受賞など)
UNIDOL2015-16 winter 関西大会準優勝 東京での決勝戦へ出場
UNIDOL2016 summer 関西大会3位
BMF 出演

 


 

myhome_0
-活動内容を教えてください!
アイドルが好きな子が集まって、アイドルのコピーダンスをするサークルです!

 

-チームで大事にしていることはありますか?
自分たちも楽しんでお客さんも楽しませる、かっこよくてかわいいパフォーマンスをすることです!

 

-このチームに入ってよかったなと思う瞬間はどんな時ですか?
みんなで一つになって、大好きなアイドルの曲を踊っている時です!

 

 

myhome_2

 

-このチームの特徴を教えてください
学年や加入時期に関わらずみんな仲が良い、ユニドルに対して真剣に考えて取り組んでいるところです!

 

-授業やバイトなどもしながらでは活動は大変ではないですか?

大変です!笑
でも勉強の次にユニドルを優先するぐらいの気持ちでみんな活動しています*\(^o^)/*

 

myhome_1

 

-今までで一番嬉しかったエピソードを教えてください!

去年の冬大会で準優勝したこと
BMFで京セラドームのステージに立てたこと

 

-練習外でのメンバーの様子を教えてください。

練習後に一緒にごはんを食べに行ったり、休みの日に遊んだり、アイドルのコンサートやイベント、握手会に行くこともあります!

 

 

-最後に一言お願いします!

同志社女子大学のアイドルダンスコピーサークル、Pichicartです!アイドル好きな女子大生が集まって結成しました❤️主に48グループ、ハロプロなどの曲を踊ります!
UNIDOLというアイドルダンスコピーの全国大会の関西大会優勝、決勝戦入賞を目標に日々活動しています!
京都や関西圏での様々なイベント出演もしていますのでご依頼お待ちしております?

 

ありがとうございました!

 


 
・サークルのアカウント(Twitter・Facebookページなど)
Twitter @pichicart3

・HP URL
アメブロ http://s.ameblo.jp/pichicart3/

知ってる!この曲!天てれ編 第二弾

NHK教育テレビの『天才てれびくん』という番組はご存知ですか?

今回は、知ってる!この曲!天てれ編 第二弾です!

 

『天才てれびくんMAX』の番組内で流れていた「あ!懐かしい!」「聞いたことある!」と思える曲をご紹介します。今回は第一弾の全てれび戦士で歌っている曲ではなく、数人のてれび戦士で歌っている曲を集めてみました。

 

では・・・今から懐かしさに浸りましょう!

 

 

▽2003年【Together Forever】

中村有沙、豕瀬志穂、桜井結花

 

 

▽2004年【ラジオスターの悲劇】

白木杏奈、ジョアン・ヤマザキ、前田公輝、バーンズ勇気

 

 

▽2005年【僕らのハーモニー】

前田公輝、飯田里穂、バーンズ勇気、木内江利

 

 

▽2006年【冬のアゲハ】

木内梨生奈、細田羅夢

 

 

▽2006年【ユウキスイッチ】

バーンズ勇気、髙橋郁哉、小関裕太、千葉一磨

 

 

▽2006年【Friends & Dreams】

加藤ジーナ、伊倉愛美、大木梓彩、木内江莉、細川藍、橋本甜歌、一木有海

 

 

▽2007年【オレンジ】

千秋レイシー、木村遼希、日向滉一、千葉一磨、小関裕太

 

 

▽2008年【ひまわり】

細田羅夢、千葉一磨、川﨑樹音、小関裕太

 

 

▽2009年【結の歌】

千葉一磨、荒木次元、平田真優香、渡辺青來、伊藤元太

 

 

▽2010年【アオゾラララ】

齊藤稜駿、當山優奈、伊藤元太、水本凜、鎮西寿々歌、田代ひかり

 

 

 

どうでしたか?当時は何気なく聴いていた曲も改めて聴くと感じ方って変わりますよね。歌詞の良さに気付いたり・・・また聴きたいと思ったり・・・この記事を読んでそんな風に感じてくださったら嬉しいです。

 

そして、第三弾は天てれの企画で結成され「妖怪ウォッチ」で話題になった Dream5 をご紹介します!お楽しみに!

 

↓知ってる!この曲!天てれ編 第一弾

知ってる!この曲!天てれ編

知ってる!この曲!天てれ編

NHK教育テレビの「天才てれびくん」という番組はご存知ですか?

 

小学生や中学生の頃、毎日観るくらいハマっていた方も少なくないと思います。今回は、この番組内で流れていた「あ!懐かしい!」「聞いたことある!」と思える曲を集めてみました。

中でも今高校生・大学生の世代の方々が観ていた、2003年から2010年まで放送されていた『天才てれびくんMAX』から、出演していたてれび戦士全員で歌っていた曲を年代別にご紹介します。

 

▽2003年【good day】

 

 

▽2004年【プラズマ回遊】

 

 

▽2005年【未来はジョウキゲン】

 

 

▽2006年【ダンゼン!未来】

 

 

▽2007年【約束の場所へ~シークレッツ・ユートピア~】

 

 

▽2007年【コノユビトマレ!】 

テーマ曲以外に全てれび戦士で歌ったのはこれが初。

 

 

▽2008年【セカイをまわせ!~ぼくらのカーニバル~】

 

 

▽2009年【Happy★Life】

 

 

▽2009年【夢のチカラ】

夏イベのメイン曲

 

 

▽2010年【セカイカラー☆LOVE】

 

 

 

いかがでしたでしょうか?当時てれび戦士として番組に出演し、現在も俳優・女優・歌手と芸能界で活躍している方がたくさんいます。この記事をきっかけに探してみるのも良いかもしれませんね!

 

そしてまだまだ紹介したい曲がたくさん!第二弾もお楽しみに!

オススメ!エモすぎるピアノバンド

 

SEKAI NO OWARI

今や国民的アーティストとなっているが、圧倒的なポップセンスとキャッチ―な存在感、そしてダウナーなトラックにも入ってくるピアノが絶妙!

スターライトパレード

 

 

ゲスの極み乙女。

ジャズのようなキーボードの音が思わず踊り出したくなる。最強のキラーチューンとなっている、キラーボールはキーボードのソロが何といっても最高にかっこいい!

キラーボール

 

 

WEAVER

メインボーカルがピアノを弾き、ギターレスの3ピースピアノバンド。ライブパフォーマンスで見せる、3人での連弾は誰もが心奪われること間違いなし!

僕らの永遠~何度生まれ変わっても手をつなぎたいだけの愛だから~

 

 

LACCO TOWER

自ら“狂想演奏家”と名乗り、ソウルフルでエモーショナルなサウンドが魅力。その叙情的な世界観とは裏腹に攻撃的なライブパフォーマンスも人気!

薄紅

 

 

HOWL BE QUIET

ロックバンドとアイドルが交差する新しい可能性を秘めている。透明な歌声と繊細な歌詞の世界観とピアノロックが最高!

MONSTER WORLD

 

 

SHE’S

エモーショナルなロックサウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで作り出し、聴けばきっと囚われるこれぞピアノロック!

Voice

 

 

テスラは泣かない。

バンド名の英訳は、TESLA doesn’t know how to cry. であることから彼らのメッセージ性に感情を揺さぶられるに違いない!

アンダーソン

 

 

My Last Ballad

ピアノエモな、決して真似ることのできない空気感のリリックと美しいメロディーとバラエティのあるサウンドをもつ、新世代3ピースバンドは注目すべき!

From Scratch

 

 

お気に入りのピアノバンドは見つかりましたか??
紹介しきれていないエモエモなピアノバンドはまだまだあります。
好きなピアノバンドに出会えるといいですね (^^♪

 

聞いたことある!名前は知らない“あの有名な”曲10選

普段テレビで何気なく耳にするあの曲。妙に耳につくメロディだけれども、名前がわからない。そんな名曲を10曲ご紹介しています。

 

テレビのBGMには様々な曲が使われています。無意識のうちに耳にしていて口ずさめるメロディーも多いでしょう。しかし、その曲の名前をご存じでしょうか?聞いたことはある!でも名前は知らない、そんな曲を10曲選んでみました。

 

 

1.キューピーの3分クッキングのオープニング曲

→ おもちゃの兵隊のマーチ

子どもの頃、1度は歌ったことがあるアノ曲です。

 

2.「ライオンのごきげんよう」のサイコロを振る時の曲

→ ハードデイズラグ [ 薬師丸ひろ子 ]

薬師丸ひろ子さんが主演の映画『紳士同盟』の主題歌、“紳士同盟”のB面に収録されている「ハードデイズラグ」です。

 

3.吉本新喜劇のテーマ曲

→ Somebody Stole My Gal [ レオ・ウッド ]

レオ・ウッドが1918年に作曲したアメリカのポピュラーソングです。

 

4.KIRINグリーンラベルCM曲

↓↓

→ Chopsticks

19世紀にイギリスで出版されたピアノ曲です。

 

5.月曜から夜ふかしのテーマ曲

→ Slalom [ エンニオ・モリコーネ ]

エンニオ・モリコーネの楽曲で1965年公開の同名イタリアスパイ映画のテーマ曲です。

 

6.タマホームCM曲「出席篇」

→ Burn [ Deep Purple ]

イギリスのロックバンドDeep Purpleが1974年に発表した8作目のスタジオ・アルバムの1曲です。

 

7.KIRIN一番搾りCM曲 幸せ一番町「はじまり篇」

↓↓

→ L-O-V-E [ Nat King Cole ]

アメリカのジャズ・ピアニスト、歌手であるナット・キング・コールが1964年に出し、生前最後の大ヒットとなった曲です。

 

8.マツコの知らない世界 オープニング曲

→ I’ve Told Every Little Star [ Linda Scott ]

アメリカの女性歌手、リンダ・スコットの最大のヒットとなったデビューシングル曲です。

 

9.KIRINのどごし生CM曲

→ ゲバゲバ90分 オープニング曲 [宮川泰 ]

1969年から1970年、および1970年から1971年にかけて放送されていた日本テレビのバラエティ番組である『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』のオープニング曲です。

 

10. 進研ゼミ BenePaのCM曲

→ She’s a Rainbow [ The Rolling Stones ]

イギリスのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズの曲です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、テレビから流れてくるメロディーを意識して聴いてみてください。普段聴かない曲と出会って、オンガクの視野を広げてみましょう。

リラックス効果のある音楽10選

自然の音からアニソンまで、日常の疲れを癒してくれる楽曲の中から選りすぐりの10曲をご紹介。

 

オススメの癒される曲をリストアップしています。

クラシック、洋楽、邦楽からアニソンまで。ぜひ寝る前に聞いたり、作業用BGMにしたり、落ち込んだ時などに聞いてみてくださいね。

 

 

 

1.「Can’t Sleep Love」   Pentatonix

 

 

有名なアカペラグループのPentatonix。彼らの音楽は美しくどれも癒されますが特にこれがオススメ。

 

 

 

2.自然の音

 

 

自然の音には高周波成分が含まれており、水の音などはお母さんの胎内の音に近いので安心できるそうです。

 

 

 

3.世界で最も癒される曲

weightless(無重力)」 マルコーニ・ユニオン

 

 

音響療法、アンビエト音楽がコラボした曲です。安眠効果もあるそうですよ。

 

 

 

  1. 「ひまわりの約束」– 秦基博

 

 

ドラえもんの映画、「STAND BY ME」でおなじみの曲です。凄く感動できる美しい曲です。

 

 

 

5.「Stay With Me」 Sam Smith

有名な曲です。声がとても癒されます。

 

 

 

6.You Raise Me Up」 Celtic Women

 

 

歌詞も美しい曲です。

誰もが聞いたことのある曲ですね!

 

 

 

7.ジブリ長編映画の曲を全部つなげて弾いてみた

 

 

私自身、寝る前によく聞く曲です。これを聞くと凄くリラックスできてよく眠れます!

 

 

 

8.「メトロノーム」 米津玄師

米津玄師さんのメトロノームです。ゆったりした曲なので安心して聞くことができます。

 

 

 

9.「あなたにおくるアイの歌」 EGOIST

 

 

ギルティクラウンというアニメのエンディングテーマの曲です。綺麗な透き通った声が落ち着きます。

 

 

 

10.「ウンディーネ」 ARIA The ANIMATION

有名なアニメ、ARIAの曲です。優しい声でとてもリラックスできます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

知っている曲はいくつありましたか?

あなたが知らない良い曲を知る機会になれたならとても嬉しいです!

 

 

【生活に溶け込む音楽】発車メロディ-京阪神編

駅のホームから電車が出ていく時に流れるあのメロディ。あなたは口ずさむことが出来るだろうか。実はバラエティに富んで、思わず「へぇ」と言ってしまう発車メロディも。ほとんどの人が日常的に耳にしているはずだが、あまりにも日常に溶け込んで気にも留めない。そんな音楽。発車メロディの数々を今日はご紹介していきたいと思う。

皆さんは普段乗っている鉄道が駅に発着する時に流れているメロディを覚えているか、と聞かれてすぐ口ずさむことが出来るだろうか。ほとんどの人が日常的に耳にしているはずだが、あまりにも日常に溶け込んでいる物事は見逃してしまうのが人の常である。
そんな発車メロディの数々を今日はご紹介していきたいと思う。

JR西日本 大阪環状線

img_2
出典: http://blogs.yahoo.co.jp/wgudamexpress_crash/3132337.html

無題

まずはJR西日本から、大阪環状線の発車メロディをご紹介しよう。大阪環状線は大阪、西九条、天王寺、京橋など大阪市内を結ぶ環状線だ。なんと大阪環状線の19の停車駅では、それぞれ異なる19曲の発車メロディを聞くことが出来る。大阪駅なら「やっぱ好きやねん(やしきたかじん)」、桜ノ宮は「さくらんぼ(大塚愛)」というように、 その駅のイメージにあった曲が使用されている。

この発車メロディは、2014年3月に『大阪環状線改造プロジェクト』の一環として導入された。今年2016年から順次新車輌323系を投入することもあり、現在JR西は特設サイトを設置するなどして、プロジェクトを大々的にPRしている。

阪急電鉄

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%80%A51000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_(2%E4%BB%A3)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%80%A51000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_(2%E4%BB%A3)

次は、関西では言わずと知れた大手私鉄、阪急電鉄の発車メロディをご紹介しよう。
“発車メロディ”を紹介しようとは言ったものの、実は阪急電車のほとんどの駅では、到着メロディは採用されているもの、発車時はメロディではなくベルが鳴るだけだ。そんな阪急電鉄の駅の中でも2駅だけ独自の発車メロディを聞くことが出来る駅が存在する。阪急最大のターミナル梅田駅と、宝塚線と今津線の乗換駅である宝塚駅だ。

阪急は京都線、宝塚線、神戸線の3つの本線と、それに付随する千里線、今津線などの支線を有している。ターミナルである梅田駅では、3つの本線のイメージに合わせて作曲された発車メロディを聞くことが出来る。京都線であれば「竹」、宝塚線は「高級感」、神戸線は「海」が曲のコンセプトだ。皆さんも次に、阪急電車に乗車する際には、嵐山の竹林、宝塚の高級住宅街、港町神戸といった行き先の情景を思い浮かべることが出来るだろう。

一方、宝塚駅ではもはや地元の代名詞である歌劇団にちなんだ「すみれの花の咲くころ」と、宝塚が誇る漫画界の巨人手塚治虫氏の手がけた名作アニメーション「鉄腕アトム」のオープニングテーマが使用されている。そもそも宝塚歌劇団は阪急の創始者小林一三が手がけたものであり、現在も阪急電鉄が所有、運営している。「すみれの花が咲くころ」を聞くことができるのは宝塚線、「鉄腕アトム」は今津線のホームだ。沿線の文化を感じさせるメロディは、マルーン色の車体や沿線住宅街でブランド力に定評のある阪急ならではの「らしさ」なのかもしれない。

 

京阪本線

02_1024_768
https://www.keihan.co.jp/traffic/railfan/

京阪電鉄は自社オフィシャルサイトに鉄道ファンのための特設ページを設けており、いわゆる鉄ちゃんへのサービスにも余念がない。そんな京阪電鉄の発車メロディは全国の鉄道ファンから特に人気を集めている。人気の理由は、つなげて聞くと一つの曲になるように作曲するという、玄人心をくすぐる一工夫だ。

発車メロディは大阪・淀屋橋と京都・三条を結ぶ京阪全線89駅のうち、中之島、淀屋橋、天満橋、京橋、守口市、萱島、香里園、枚方市、樟葉、八幡市、淀、中書島、丹波橋、深草、三条、出町柳、私市、宇治で聞くことが出来る。以上の18駅で「上り(京都方面ゆき)」と「下り(大阪方面ゆき)」、そして列車種別に応じて4つのコンセプトの曲が作られているので、実に72種類ものメロディが存在することになる。

例えば特急出町柳行き(上り)であれば京風を感じるメロディが停車駅で流れ、それをつなげることで「MIYABI」をコンセプトの一曲となる。他にも上りの特急以外は「KIRAMEKI」、下り特急は「GENKI」、下り一般は「AKOGARE」というコンセプトがそれぞれ設定されている。こんなにもたくさんのメロディがあるとなれば、一般ユーザーの方々も通勤、通学、お出かけの際にホームで耳を傾けるのが少し楽しくなるかもしれない。

北大阪急行

http://news.mynavi.jp/news/2016/02/27/224/
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/27/224/

JR、大手私鉄2社のお次は、北大阪急行、通称北急だ。北急は御堂筋線江坂駅と千里中央駅を結ぶ路線である。たった4駅の区間で、かつ大阪市営地下鉄御堂筋線と相互直通運転を行っていることから、北急を利用したことがあっても、御堂筋線の一部だと勘違いしていたという方も多いかもしれない。

環状線各駅のイメージから選曲されたメロディ、ターミナルで流れる路線ごとのメロディ、つなげると1曲になるメロディをご紹介してきたが、北急では季節ごとに異なる4つの発車メロディを聞くことが出来る。この発車メロディが流れるのは千里中央駅のホームから江坂方面の電車が発車するときだ。春は「春の歌」、夏は「アルルの女」、秋は「枯れ葉」、冬は「たきび」というように、季節に合わせた民謡などがメロディーとして選ばれている。

四季を感じさせてくれる発車メロディというのは面白いし、稀に北急に乗るという人は、前に乗ったときは夏の暑い日だったな、などと想起するのも風情があるだろう。

京阪神市営地下鉄 比較

京都、大阪、神戸。三都とも呼ばれる各都市の市営地下鉄で使われている発車メロディを最後に比較してみよう。

 

まず最初に古の都、京都の市営地下鉄から聞いていこう。先ほどご紹介した阪急、京阪と同様に、やはり古都・京都らしく和を感じさせるメロディが印象的だ。その気概は「古都の朝霧」、「醍醐の鶯」、「春開き」、「詩仙堂猪脅し」という曲名を見ても一目瞭然である。
余談ではあるが、京都市営地下鉄は東西と南北十字状にしか路線がないため、寺社仏閣を巡ろうと思うと、同じ京都市交通局の運営する市バス、もしくはタクシーを利用しなければ行くことの出来ない場所が多い。と、いうのも京都市電が路面を走っていた時代の経路はほとんど、現在市バス路線とされているからだ。また、京都市電とは別だが、現在でも京都市内には路面電車が走っている。

お次は天下の台所、大阪の市営地下鉄だ。
こちらは一般的な電車の到着メロディ、発車メロディといった印象。大阪市営地下鉄はほぼ全線において同一の接近・発車メロディが使用されているが、例外的に長堀鶴見緑地線だけ異なる接近・発車メロディを使用している。この長堀鶴見緑地線で採用されている接近メロディは門真南方面行きが大阪弁アクセントの「つるみりょくち(鶴見緑地)」をメロディ化したもの、大正方面行きが同じく大阪弁アクセントの「きょうばし(京橋)」をメロディ化したというユニークな経緯を持っている。

トリを飾るのは、関西が誇る港町神戸だ。神戸といえば、夜景や異人館などもあり、オシャレなイメージが強いと思う。しかしながら意外にも、市営地下鉄の発車メロディは非常にシンプルで、メロディというよりはベルやブザーといったほうが、伝わりやすいものだ。唯一、2001年に開業した海岸線では、発車メロディを聞くことが出来るが、それも先ほどまでにご紹介してきたバラエティに富んだ発車メロディに比べると、どうしても劣るように感じてしまったというのが私の率直な感想だ。おしゃれな港町・神戸のイメージにいささか期待しすぎていたのかもしれない。いかに良い印象を与えるレッテルでも、時にはそのイメージと現実とのギャップがカウンターになりかねないといういい教訓ではないだろうか。

 


いかがでしょうか。
普段何気なく駅や電車で耳にしているメロディも、注意深く耳を傾ければ新たな発見があるかもしれない。皆様も街に出て、様々な音楽に触れてみてはいかがだろうか。

元気が出る「新生活応援ソング」10曲

春。新生活への不安や焦りで落ち込んだり、立ち止まることもしばしば。そんな時に背中を押してくれる人生応援ソング10曲をYouTubeの動画でご紹介します。

春は出会いと別れ、人生の節目となる場面に多くの人が直面する季節です。
新たな環境に不安を抱えているという人も多いことでしょう。
そんな時に背中を押してくれる、元気の出る応援ソングを今回はご紹介していきたいと思います。


Perfume / ワンルーム・ディスコ

 

「ワンルーム・ディスコ」は、日本のテクノポップユニット・Perfumeの9thシングル。2009年3月25日に徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

出典: ワンルーム・ディスコ – wikipedia

 

 


miwa / 春になったら

 

「春になったら」(はるになったら)は、miwaの5枚目のシングル。2011年2月23日にSony Recordsより発売。

出典: 春になったら – Wikipedia

 

 


槇原敬之 / どんなときも

 

「どんなときも。」は、槇原敬之の3枚目のシングル。1991年6月10日発売。発売元はWEA MUSIC。

出典: どんなときも。 – Wikipedia

 

 


大橋卓弥 / はじまりの歌

 

「はじまりの歌」は、大橋卓弥の1枚目のシングル。

出典はじまりの歌 – Wikipedia

 

 


GReeeeN / 歩み

 

「歩み」(あゆみ)は、GReeeeNの9枚目のシングル。2009年1月28日にNAYUTAWAVE RECORDSから発売。

出典: 歩み(GReeeeNの曲) – Wikipedia

 

 


FUNKY MONKEY BABYS / 涙

 

『涙/夢』(なみだ/ゆめ)はFUNKY MONKEY BABYSの12作目のシングル。2010年1月27日発売。両A面シングル。

出典: 涙/夢 – Wikipedia

 

 


YUI / It’s My Life

 

「It’s My Life/Your Heaven」(イッツ マイ ライフ/ユア ヘブン)は、YUIの18枚目のシングル。2011年1月26日にSony Music Recordsから発売された。

出典: It’s My Life/Your Heaven – Wikipedia

 

 


いきものががり / いつだって僕らは

 

「いつだって僕らは」(いつだってぼくらは)は、いきものがかりの22作目のシングル。2012年1月18日にエピックレコードジャパンから発売された。

出典: いつだって僕らは – Wikipedia

 

 


ゆず / イロトリドリ

 

「イロトリドリ」は、ゆずの配信限定シングル。2013年1月30日にセーニャ・アンド・カンパニーから配信された。

出典: ロトリドリ(ゆずの曲) – Wikipedia

 

 


星野 源 / 時よ

 

星野 源 4th アルバム『YELLOW DANCER』より
Music Video「時よ」

出典: 星野 源 – 時よ 【MUSIC VIDEO & Album Trailer】 – YouTube

 

 


 

いかがでしょうか?
時に不安な気持ちに寄り添い、時に元気を分け与えてくれる。
そんな素敵な音楽は人生の良きお供とも言えるものです。

そんな音楽を皆さんも探してみてはいかがでしょうか。